相手のサインを探るには?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回まで攻撃側の
ランナーの走塁意識を
お伝えしていきました。

今回は逆に守備側の
ランナーに対する考え方を
お伝えしていきたいと思います。

ランナーがいる時に
警戒をすることは
様々あります。

・盗塁
・エンドラン
・バント
・バスター
・セーフティーバント
・スクイズ
・1.3塁のダブルスチール
・ディレードスチール
・ヒッティング
これらのことを警戒していきますが

まず守備側として
一番やりたいことは
相手が何をしてくるかを
探ることです。

例えば無死ランナー一塁の場合
相手がバントをしてくるのか
ヒッティングをしてくるのかが
あらかじめ分かっていれば
守備側はとても簡単です。
なぜならばそれを
やらせないように
バントシフトを引いたり
ゴロを打たせてダブルプレーを
狙えばいいからです。

この探りを入れる方法はいくつかあります。
まずは試合のデータ
これは公式戦などのデータで
どのバッターがバントをしてくるのか
ヒッティングをしてくるのか
傾向を調べておくと非常に役にたつでしょう。

次にバッターとランナーの
動きの癖です。

バッターにおいても
ランナーにおいても
サインによっては微妙に動きに
違いが出てくるものです。

ヒッティングの時と
バントのサインの時の
微妙な構えの違いを
見極めるのは難しいですが
高校生ぐらいはまだ癖が出やすいので
分かりやすいと思います。

またランナーも
盗塁の時のリードと
ノーサインの時のリードでは
構えに大きな差が出てくることでしょう。

その差を知ることができれば
相手のサインが分かることと
同じなのであとはそれをやらせないように
動くだけでいいのです。

さらに牽制も相手の作戦を
探る方法としては有効でしょう。
牽制はアウトにする必要はありません。
牽制のモーションを取ることで
盗塁のサインが出ていれば
スタートをきる構えを見せるかもしれません。

バッターもバントの構えを
してしまうかもしれません。
そうした探りとして使う為にも
一塁にランナーが出た時は
牽制をするようにしていきましょう。
牽制をする時のポイントは
「間」を長く持つことです。

セットに入ってから
ボールを長く持ち
間を使うことで
ランナーもバッターも
サインが出ていれば
動きがぎこちなくなってくるものです。

それをわからずにただ牽制を
してしまっても逆に相手に情報を
与えているようなものなので
気をつけましょう。

こうしたことは
試合中に会話をすることは
できないので
練習からチームとして意思統一をし
一つ一つのプレーの意図を
理解しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です