走塁意識〜1塁ランナー編〜


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

一発勝負の試合に勝つためには
投手力や打力が欠かせないものですが
レベルの高い勝負になればなるほど
勝敗の行くへはもっと細かなところで
決まってきた入りします。

その一つが走塁です。

走塁は普段はスポットが当たらない
ことが多いですが強いチームほど
徹底されておりミスが少なく
大事な時に一点を奪うことができます。

その結果一点勝負の試合を
制することができていくのです。

今回はそうした走塁の中で
意識をしておきたいところを
状況ごとにお伝えしていきたいと
思います。

まずはランナー1塁の場合
まず全ての場面で考えなければ
いけないことは自分のチームの作戦と
相手が何を考えているかです。

この場合自分のチームの作戦として
考えられることは
・バント
・盗塁
・エンドラン
・グリーンライト
・ノーサイン

これらが考えられます。

バントの場合は
多少悪いバントでも
2塁でセーフになるために
第2リードが大切になります。

ただ気をつけなければいけないのが
バッターがバントを空振りした時などに
飛び出してしまわないことです。

そのために
第2リードをとった最後の一歩を
インパクトあたりに合わせて
着地と同時にスタートを切るのか
バックするのかを判断するように
しましょう。

盗塁の場合
頭に入れておいて欲しいことは
ピッチャーのクイックタイムと
キャッチャーの2塁送球のタイム
そして、自分の2塁到達タイムです。

これらが分かっていれば
しっかりとしたスタートを切れた場合
自分がアウトになるのかセーフになるのかが
ある程度分かってきます。

例えばピッチャーのクイックタイムが
1.2秒でキャッチャーの2塁送球タイムが
2.0秒の場合タッチの時間を含めると
およそピッチャーがモーションに
入ってから3.3秒ほどで2塁に
ボールが届くことになります。

ということは自分がリードしてから
2塁に到達するまでのタイムが
3.3秒以上かかる場合
よほどスタートが良いか
キャッチャーの送球がそれたり
捕球ミスがない限りは
アウトになってしまう確率が高いので
エンドランを仕掛けたりするなど
別の作戦を選択することになるでしょう。

またグリーンライトのサインの場合
「盗塁行けたら自分の判断で行け」
という意味のサインですが
このサインを出す以上
ベンチとしてはできれば2塁に
進んで欲しいということなので

なんとかして2塁に進む
工夫が必要です。
例えばピッチャーの癖を読んだり
配球の癖を見破り変化球の時に
スタートを切ったり
牽制の回数などのデータを頼りにして
スタートを切ったりするという方法があります。

次にノーサインの場合
ノーサインの場合やはり
1番大事なことは
打球判断です。

まず確認すべきことは
相手の守備位置。
内野の守備体系を観察し
相手が何を警戒しているのかを
見極めましょう。
次に外野の守備位置
どこに飛んだら打球が
捕られそうなのかを
だいたい最初に把握しておくと
打球が飛んだ瞬間のスタートが
切りやすくなっていきます。

それによって
3塁へ進むことができるのか
2塁で止まった方が良いのか
1塁へ帰塁すべきなのかを
判断することができるでしょう。

前の塁にランナーがいる場合は
前のランナーがどのような動きを
しているのかもしっかりと把握する
ことを忘れては行けません。

自分が3塁へ進塁できそうな
あたりでも2塁ランナーが3塁で
止まってしまう可能性も考えられます。
あらかじめ2塁ランナーの足が遅いのか
速いのかを頭にいれておくことも
大切になってくるでしょう。

ノーサインの場合の打球判断は
このように準備がとても大切です。
全てのケースをあらかじめ想定して
おくようにしましょう。

・ライナーバック
・フライの場合のハーフウェイ
・ゴロの場合のスタート
・牽制
・キャッチャー牽制
・外野手の守備位置
・外野手の肩の強さ
・アウトカウント
・点差
これくらいは最低限
頭にいれてからリードを取るように
していきましょう。

次回は2塁ランナーの場合を
お伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です