練習パートナーはいますか?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

チームの中で
「レギュラーを取りたい」
「活躍したい」
個人としても
「もっと速い球が投げたい」
「もっとヒットを打ちたい」
と考えれば当然日々の努力が
欠かせないものとなってきます。

しかし、どうしても一人で
努力をしようとしても
メンタルやモチベーションの状態は
毎日変化してしまうので
継続が大事だと知りながらも
「今日はいいや」
と思ってしまうことがあります。

それは野球が仕事ではない限り
仕方のないことではありますが
そんな中でも努力をし続ける選手が
生き残っていくものです。

中には確固たる信念のもと
一人で黙々と練習を積むことが
できる選手もいますが
そうした選手は数少ないものです。

自分はもしかしたら
そこまで努力を継続できない
と感じているのであれば
ぜひ練習パートナーを作ることを
お勧めします。

毎日同じ選手と
自主練習を行うという
関係を築くことができれば
一人では継続しづらいことも
意外と継続がしやすくなるものです。

集団心理と言うことも
あるかもしれませんが
チーム練習をする時
「今日は気分が乗らないから休もう」
と言う人はなかなかいません。

それはみんながやっているから
と言う心理がそうさせるのだと
私は考えていますが
パートナーを組むことも
これに近い効果があると思います。

パートナーと練習をすることに
慣れてくると
そのうちに練習をするのが
当たり前になってきます。

ランニングや素振りなど
環境によってはキャッチボールや
ティーバッティングなどを
パートナーと一緒になって
毎日続けることが
できればおそらく
何もしていない選手に比べたら
大きな差が生まれてくることでしょう。

ただし
ここで注意をしなければ
いけないことは
ただの馴れ合いになってしまうことです。

一緒に練習をしている
というだけで満足をしてしまうと
同じ時間練習をしていても
質が下がってしまったり
話す時間が長くなってしまったりします。

そうならないためにも
しっかりと目標を持ち
最低限のノルマなどを
設けると良いでしょう。

またパートナーは
必ずしもチームメイト同士でなくても
構いません。
親子であったり、兄弟であったり
パーソナルレッスンであっても
良いでしょう。

努力を続けるにも
努力を続けるための
工夫やアイデアなどが必要です。

特に努力が続かない
という小・中学生には
ぜひともこのパートナーを
作っていただき日々の練習に
励んでいただければと思います。

↓自主練習などの参考にしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です