体幹トレーニング紹介


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回のブログでは
なぜ体幹トレーニングが
必要なのかをお伝えしていきました。
前回のブログはこちら

今回は具体的な
トレーニング方法を
ご紹介します。

ボールキャッチツイスト

地面にお尻をついたまま
膝を軽く曲げて足を浮かせます。
その体勢のままペアを組んだ相手に
ボールを投げてもらい
キャッチと同時に体をひねり
地面にボールをタッチさせます。

この時ボールは左→右と
交互に投げてもらい
受け取った側は
左手で捕ったら1回目のタッチは
右側に体を捻り
右手でとったら
左側に体を捻るようにしましょう。

回数
最初にボールを受け取り
左右の地面に2回タッチしたら
相手にボールを返します。
2回目にボールを受け取ったら
今度は4回捻ります。

この要領で
足や背中を地面につけずに
2回→4回→6回→8回→10回
→9回→7回→5回→3回と
体を捻ってボールを地面にタッチさせましょう。

簡単にできるようになってきたら
回数を増やしたり
セット数を増やしたり
または1~3キロぐらいの
メディシンボールを
使って負荷を与えましょう。

ボールキャッチツイスト2

途中まではボールツイスト1と同じです。
地面にお尻をついたまま
膝を軽く曲げて足を浮かせます。
その体勢のままペアを組んだ相手に
ボールを投げてもらい
キャッチと同時に体をひねり
地面にボールをタッチさせます。

2ではここでボールを相手に返さず
地面をボールでタッチした回数と
同じ回数足の下でボールを通してから
相手にボールを返します。

つまり回数は
2回捻ったら2回足の下を通し
4回捻ったら4回足の下を通します。

この要領でボールツイスト1同様
足や背中を地面につけずに
2回→4回→6回→8回→10回
→9回→7回→5回→3回と
体を捻ってボールを地面にタッチさせ
同じ回数足の下を通してから
相手にボールを返しましょう。

簡単にできるようになってきたら
こちらも回数を増やしたり
セット数を増やしたり
または1~3キロぐらいの
メディシンボールを
使って負荷を与えましょう。

これらのトレーニングは
体幹の中でも
腹筋を鍛えるトレーニンングです。
ひとえに腹筋と言っても
様々な種類があります。

・腹横筋
・腹直筋
・内腹斜筋
・外腹斜筋

このトレーニングは
主に内腹斜筋と外腹斜筋を
鍛えるトレーニングです。

腹斜筋はバッティングにおいても
ピッチングにおいても
必要な部分なので
ぜひ行なってみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です