「走塁」と「守備」走り方の違い


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

走るという動作は
ほとんどのスポーツに
おいて欠かせないものですが
競技によっては走り方にも
様々な特徴があります。

野球においてもその
特徴があるのですが
野球の場合は
攻撃側の走者としての
走り方と守備側の野手としての
走り方にそれぞれ違いがあります。

まず攻撃側の走者としての
走り方から説明していきます。

走者の場合
基本的には前に早く進むことが
求められるため
陸上の短距離に近い走り方に
なっていきます。

もちろんダイアモンドを回るため
直線には走ることができず
コーナリングも重要な要素には
なってきますが
基本的な走り方は陸上競技と
それほど変わりはありません。

大切なことは
まず体をまっすぐに保つこと

野球選手は
低い姿勢で走ることを
指導されることが多いため
無理に上半身を低くし
背中を丸めてしまうことが
ありますが
このようにしてしまうと
地面から力を引き出すことが
うまくできず速く走ることが
できないので注意をしましょう。

↓真っ直ぐではない姿勢

次に大切なことは
地面に接地する時の足のつき方です。

速く走るためには
踵を地面につけずに
つま先側で走ることが
大切です。

陸上競技
特に短距離の選手は
スタートからゴールまで
決して地面に踵をつけることはありません。
それにより筋肉の反射を
上手く使うことができ
効率よく走っていくことができます。

しかし低い姿勢を意識しすぎると
つま先から接地することができず
踵から接地をしてしまいます。

実際に走ってみると
わかると思いますが
走ってから急に止まろうとする時
人間は踵から接地をしブレーキを
かけます。

それと同じように
踵から地面につくことで
多少なりとも
ブレーキがかかったり
足に負担がかかってしまいます。

速く走るためにも
足の負担を和らげるためにも
つま先側から地面につくようにしましょう。

さて続いては守備
特に内野手の走り方です。

内野手は
守備範囲が大切です。
そのため速く走る必要が
あるのですが
ただ速ければいい
という訳ではありません。

なぜならば
守備はボールを捕球する
必要があるからです。
特にゴロをさばく時には
いわゆる腰を下ろした
低い姿勢が求められます。

仮に短距離走のように
体をまっすぐに保ち
つま先側から着地をし
全速力で打球に向かっていったとして
捕球の瞬間にいきなり低い体勢を
取る事ができるでしょうか?

おそらくそれは不可能でしょう。
そのため
守備の際は走塁とは違い
やや低い体勢で
ボールを追っていく必要があります。

また、捕球の前は減速をする
必要もありますのでつま先側からではなく
踵側から地面につくようにし
減速をかけることで
捕球姿勢に入りやすくしていきましょう。

走塁と守備の走り方の違いが
理解できたでしょうか?
多くの選手は走塁の時も
踵から地面に着地してしまっているので
つま先側から接地することを意識をして
走塁を行ってみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です