投手と打者 フォームの決定的な違いとは?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

投手と打者
守備側と攻撃側とそれぞれ全く
やっていることは違いますが
そのフォームには共通点が
非常に多いことでも
知られています。

体重移動を行うことや
下半身から上半身へと
連動して力を発揮すること
スタンスやトップなど
同じような使い方をすることが
よくあります。

そのためピッチャーでも
良いピッチャーは良いバッターであったり
良いバッターは良いピッチャーであったりします。

ですがこの両者の
フォームを考える上で
決定的な違いとなる
部分があります。

あなたにはこの違いは
何か分かるでしょうか?

色々な答えがあると思いますが
私が考えるこの両者の違いは
投手が常に「攻め」であるのに対し
打者は常に「受け身」であるということです。

野球の試合の中でいけば
投手は守備側で
打者は攻撃側であることは
間違いがないのですが

投手と打者の1対1で
考えてみるとどうでしょう?

打者は投手が投げる
ボールに対応して
スイングをする必要があります。
ボールを投げるタイミングも
球種もコースも球速も
全て投手が主導権を握っているのです。

このようにして考えると
やはり投手が打者に
対して向かっていくという
構図がはっきりと分かるの
ではないでしょうか?

ではここからフォームの違いについて
考えてみましょう。

まず投手は先ほども
お伝えしたように主導権を
常に握っています。
そのため基本的には相手に
合わせる必要がなく
自分が投げたいタイミングで
投げたいボールを投げたいコースに
自分のフォームで投げることが
できます。

その為投手のフォームは
球種による多少の違いが
ありますがほとんど一定の
フォームをしています。

対して打者はどうでしょうか?
打者は投手と違い毎回
同じフォームとはいきません。

なぜならば
投手が投げる球速、球種、コース
に対してそれぞれタイミングを
合わせてスイングをする必要があるからです。

その為タイミングを外されたり
読みが外れたりすると
自分の理想のスイングとは
かけ離れたフォームになってしまう
ことがよくあり一定のフォームで
スイングをするということは
まず不可能なことです。

こうして考えると
野球は常に投手が有利であると
言えるでしょう。
打率を考えてみても
3割打てれば良いバッター
ということは良くても10回中7回は
ピッチャーが勝っていると言うことです。

さてこのことから
何を考えてもらいたいかというと
投手のフォームとは違い
打者のフォームはただ力を
だせれば良いというわけでは
ないということです。

スイングスピードや飛距離というものは
とても大切です。
最近では特にその傾向が強いでしょう。
しかし見落としてはいけないのは
いくら素振りのスイングスピードが速くても
ロングティーが遠くに飛ばせても
バッティング練習で良く打てても
試合でヒットを打てなければ
全く意味がないということです。

良いバッターになるには
ピッチャーが投げる
どのような球種にも球速にも
コースにも対応できタイミングを
合わせることができるフォームであり
さらに飛距離を出すことができるフォーム
というのが必須条件になります。

あなたも打者としてこの違いを
認識して練習に取り組むように
心がけてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です