「やりやすい」が良いフォームとは限らない?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

バッティングにおいても
ピッチングにおいても
フォームは人それぞれ個性があり
多様性があるものです。

その為これが正解だというものはなく
個人レベルで見ても
体の成長や体の状態
調子によっては良いフォームの
定義は変わっていきます。

そうした中、野球はやはり結果が
求められてくる為
結果が出なければ
何かしらの変化を
起こさなければなりません。

その一つの方法が
フォーム改造です。

こうしたフォーム改造を
実施する理由は
結果が出ないことだけではなく
・もっとレベルアップをしたい
・もっと結果を出したい
・上のレベルでも通用する
実力を身に付けたい
という思いから行われますが
改造をしはじめる際
指導者やチームメイトなどから
アドバイスを受けて実施していくと
違和感を感じることがあると
思います。

私も選手を指導する中で
改善ポイントを伝えて
実践してもらうと
「やりづらい」や
「違和感がある」
と言った言葉を受けることが
あります。

確かにフォームには多様性が
ある以上個人の「やりやすさ」という感覚は
尊重すべきであり大切にするべきだと
思います。

しかしそれにも限度があります。
ある程度上達しており
結果が出ている選手であれば
結果が出なくなるまでは
その感覚を信じてそのフォームを
崩さないように
伸ばしていくことが良いでしょう。

ですが全く結果が出ていないにも関わらず
やりやすさを求めてフォームを
そのままにしてしまえば
そこに成長は生まれません。

そもそも
フォームを変えるにあたり
前のフォームがやりやすいのは
当たり前です。
それはそのフォームで
今まで何回もプレーを行ってきたからです。

だからこそフォームを変更する時には
最初の違和感に耐えるという
工程が必要になります。

またそのフォーム変更が正しいものだと
納得して行えるだけの
根拠が必要になってくるでしょう。

誰しも違和感を抱えながら
根拠もないものに
先に突き進んでいくことは
勇気がいるものです。
もしかしたら引き返せなく
なるかもしれない
もっとフォームが悪くなるかもしれない
という不安もあるでしょう。

そうした不安を
なくすためにもフォームを変える
ことを選手が納得するだけの
根拠が必要です。

指導者としても
選手が納得していないのに
自分がこうだと信じているという
理由だけでフォーム変更を命じることは
選手にとっては逆効果になりかねないでしょう。

なぜ今のフォームで結果が出ないのか?
どうすればもっと良くなるのか?
そのためにどうしたら良いのか?
これらを順を追って選手に伝えていくことで
選手は納得をしてフォーム改善に取り組んで
くれることでしょう。

「やりやすさ」の感覚や感性は
大切です。
しかしそれにとらわれすぎて
しまわないように選手も指導者も
気をつけていきましょう。

ps.新たなフォームを
練習していき結果が出始めれば
違和感はなくなりやりにくさも
消えていくことでしょう。
もちろん、それでも結果が出なければ
やりやすさを求めて原点回帰することで
意外と結果が出たりするケースもあります。
このように一見遠回りをしたように
思えても良い方向に向かうこともあるので
常にフォームについては考え続ける必要が
あるでしょう。

動作解析であなたのフォームを
チェックしてみませんか↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です