現一年生の選手へ


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

年が明け1ヶ月以上が経ち
いよいよ新学期である
4月が近づいてきました。

4月になると
3年生は卒業し
2年生は3年生へ
そして1年生は2年生へと
なっていきます。

2年生は
2年間という時間を
過ごしてきていることと
最後の年となることで
メンタル面においても
特に問題はないかと思います。

問題は現在1年生の選手です。

1年生は2年生になると同時に
新しい1年生が入学してきます。

1年生が入ってきて
2年生となると
1番下の学年ではなくなります。

それを喜ぶ選手も
いるかもしれませんが
実際のところどうでしょう?

私が大学生の時に
1年生から2年生に上がり
感じたことは新入生が
入ってくることによる脅威でした。

今までは下級生ということで
競争相手は同級生と上級生だけの為
多少の甘えもあったと思います。

しかし下級生が
入ってくるとなるとどうでしょう。
競争は一気に激しくなります。

野球は実力の世界です。
下級生であろうと実力があれば
試合に出られる可能性があります。
逆に上級生であっても
実力がなければ試合に出ることは
できません。

監督としても
チームのことを考えると
同じレベルぐらいの選手であれば
将来性を考えて下級生に経験を
積ませるという方針の方も
いらっしゃることでしょう。

実際のところ
甲子園などをみても
強豪校には一年生から
夏の甲子園に出て活躍を
する選手もたくさんいます。

またメンタル面から見ても
2年生になると1年生に比べて
チームに対する「慣れ」が出てきてしまいます。
この「慣れ」が良い方向に向けばいいのですが
大抵の場合この慣れは悪い方向に
向かっていってしまいます。

緊張感の抜けたプレーや
緊張感のない練習で
ミスをしてしまうことも
あるでしょう。

対して入学してきた
1年生は新しい環境に
良い緊張感を
持って臨んできます。

やはり練習においても
試合においても緊張感は
とても大切です。

もし今1年生の選手が
2年生になることで
「雑用から解放される」
と喜んでいるとしたら
それは大きな間違いです。

考えるべきことは
雑用がなくなる、後輩ができる
といったことではなく
自分がしっかりとチームで
活躍できるかどうかただそれだけです。

入ってきた1年生にいきなり
レギュラーを取られないためにも
1年前の入部したての緊張感を
思い返してみると良いかもしれません。

PS.もちろんチームとして
勝つためには1年生の力も
大切です。
それは試合に出る出ないに
限らずチーム全体の雰囲気を
一緒になって作っていくからです。

ベンチやレギュラーを争う
相手ではあるものの
チームに早く馴染めるように
先輩としても正しく後輩を
導いてあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です