高校へ進学していく選手へ


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

2月に入り中学3年生にとっては
受験の本番の時期が迫ってきました。

もうすでに進学が決定している
という選手もいるかと思いますが
受験が終わり高校への進路が決まれば
スタートは皆平等に4月からです。

高校の目標としてまずはレギュラーを
取ることやチームとして甲子園に
出場することを掲げている選手も
多いとは思いますが
その前にまずやっとおくべき
ことがあります。

それは体のケアです。

高校生はチームにもよりますが
ほとんどのチームが中学生の時よりも
練習時間も練習日も多くなっています。

しかしながら
受験のためにこの半年間ほど
練習をしていない状態でいるという
選手も多いのではないでしょうか?

推薦で進学が決まっていた
という選手も現役選手のように
しっかりと体を鍛えることができていましたか?

もしそのような状態のまま
高校に進学してしまうと
チームによってはいきなり
厳しい練習を行うところもあるので
怪我をしてしまう可能性が高いです。

怪我をしてしまい
3ヶ月ぐらいを棒に振ってしまうと
その間にもう7月となり
甲子園をかけた3年生最後の戦いが
始まってしまいます。

そうして3年生が引退すれば
すぐに2年生たちの代へと移っていきます。
新入生として入ってきた選手も
その頃には徐々に頭角を現していき
秋季大会でレギュラーを獲得している
ということもあるでしょう。

その時怪我をしてしまった選手が
すぐにレギュラー争いを
することができるでしょうか?

おそらくどんなに優秀な選手でも
なかなかそこに割って入ることは
難しいでしょう。

ましてや強豪校でレギュラーを
取ろうとするのであれば
なおさら難しいことではないでしょうか?

このように
入学して早々怪我をして
つまずいてしまうことが
ないように今からの2ヶ月間を
有効に使うようにしていきましょう。

まずは衰えてしまった
体力を元に戻しましょう。

まずランニングやインターバル走など
有酸素運動を行なっていきます。
徐々に強度をあげて体に負荷をかけていく
ことで体力は戻っていきますし
しっかりと2ヶ月間自分を追い込むことが
できればむしろ今までよりも体力を
あげることができるでしょう。

有酸素運動を行うことで
体には良い影響があり
疲れづらい体になっていきます。
疲れづらい体になることで
高校での連日の練習にも
耐えることができ
安心して技術を高めることが
できるようになるでしょう。

また、柔軟を高めておくことも
大切です。
強度の高い練習をしていくと
筋力がついていきますが
筋力がつくということは
柔軟性が弱まるというリスクを
備えています。

柔軟性が高まれば
怪我のリスクが高まってしまうことは
想像ができると思います。
そうならないためにも
今のうちから地道に柔軟性を
高めるトレーニングを行なっておきましょう。

これから良いスタートを切り
高校で活躍するためにも
今のうちから虎視眈々と
準備をしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です