「量」より「質」「質」より「量」?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

練習をしていく中で
よくこのような言葉を
耳にしたことはありませんか?

「量」より「質」

これは例えば
1000回の素振りを
行なったり何百球の
投球練習を行なったり
するよりも一つ一つの動作を
丁寧に行なうことの方が大切で
ただ長時間練習すれば
上手くなるというわけではない
という意味を込めて使われています。

ひと昔前の時代ですと
野球界でも長い時間をかけた
猛練習や猛特訓が当たり前の
ように行われていました。

しかし最近ではこうした
量より質を重視する傾向にあり
いかに短時間で効率よく練習を
行い効果的に成長をしていくか
ということが科学的根拠の元
行われています。

では結局量よりも質が
本当に大切なのでしょうか?

結論から言うと
私はどちらも大切だと
思います。

なぜかと言うと
質に頼った練習ばかりに
なってしまうとやはり
選手としての深みや
本当の技術が身につかなく
なってしまいますし

量だけこなしていれば
上手くなるのであれば
誰でもプロ野球選手に慣れてしまう
からです。

最近では量より質を求めすぎるあまり
効率化、最適化を考えすぎ
そもそもの練習量が足りていない
気がしてなりません。

やはり技術というものは
何回も繰り返し反復連練習を
することでしか身に着けることは
できません。

仮に身に着けることが
できたとしても
それはメッキのようなもので
すぐに剥がれてしまうことでしょう。

しかしだからと言って
量をこなせばいいというわけでも
もちろんありません。

やはりただ量をこなすだけでは
間違った方向に進んでしまう
可能性があるからです。
間違った方向にただ時間を
かけて練習を積んでも
その中である程度の成長は見られる
かもしれません。

しかし結局は間違った方向に
進んでいるので
どこかで行き止まりがきてしまいます。
そうなってしまった時に
引き返すには相当な時間が
かかってしまうでしょう。

だからこそ
成長のためには
この「量」と「質」のバランスが
とても重要になってきます。

高校生以上の選手にもなると
ある程度の練習量が確保されているので
バランスを取るためには
「質」を求めていくことが大切でしょう。

ただ素振りを1000回行うのではなく
どのような意図でどのような方向で
どうやってバッティングをよくするのか?

それを考えて素振りを300回行うことができれば
ただただ1000回スイングをするよりも
成長には近道でしょう。

小学生や中学生の選手は
とてもこのバランスを取るのは
難しいです。

質を求めて小手先だけの
技術練習に走ってしまえば
土台となる運動神経や身体能力が
ないために上手く噛み合わなかったり

ただ量を求めてしまっては
体を壊したり全く間違った方向に
進んで行ってしまう可能性も
あるからです。

こうならないためにも
小学生の特に初心者の選手は
まず簡単な運動能力を高めるような
トレーニンングを重点的に行い
その上で野球の「捕る」「投げる」「打つ」
といった基本的な動作を丁寧に
繰り返していくことが良いでしょう。

特に投げるという動作は
基本を押さえておかなけえば
直すことが難しく
パフォーマンスが上がらないどころか
怪我のリスクも高めてしまうので
注意が必要です。

あなたも今自分自身に
量が足りていないのか
質が足りていないのかということを
冷静に分析し足りないところを補うように
していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です