早生まれは不利?〜誕生日でみる成長速度〜


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

あなたの誕生日はいつですか?

1年には1月から12月までの
12ヶ月があり日本では
4月2日~4月1日までが
同学年として扱われます。

これは今年でいうと
2019年4月2日に生まれる子供は
翌年の2020年の4月1日に生まれた
子供と同級生ということになります。

そうして考えると
1学年といっても
最大で364日の差が
生まれることとなります。

大人になってしまえば
この差は大した差ではない
かもしれませんが
小学生や中学生にとっては
どうでしょうか?

もちろん成長には
個人差があるため
一概に生まれた日にちが
早い方が体が大きく
身体能力が高い
とは言い切れませんが

相対的に見れば
生まれたのが早い方が
体格的にも身体能力的にも
有利であることは間違い無いでしょう。

特に小学生や中学生では
1学年の差が大きな差となるので
野球をする上でも
大きな影響が出てくるのです。

なぜこのような
話をしているのかというと
知り合いの方からこのような
話を聞いたからです。

それはある大学野球の
強豪チームの選手の誕生日をみると
そのほとんどが4月~10月までに
集中しており、年をまたいだ
1月以降となると
非常に人数が少ないという話です。

このことから
何を伝えたいかというと
早く生まれた方が
有利だということではありません。

確かに小学生や中学生にとっては
ある程度生まれた月が離れていれば
身体能力に差が出てしまうでしょう。

しかし、そうした体格差は
高校生や大学生となってくると
成長とともに無くなってきます。

ではなぜ大学の強豪校の
選手は体格差がないにも関わらず
早く生まれた選手が多いのでしょうか?

その理由は
おそらく以下のような
ことだと考えられます。

強豪大学に入る選手は
甲子園で活躍した選手や
強豪校である高校の選手が
ほとんどです。

その強豪高校に入る選手はというと
中学生の頃に活躍をし
有名となった選手が
スポーツ推薦などで進学するのが
ほとんどです。

ということは
必然的に中学生の頃に
体格の差から活躍をしやすい
早く生まれた選手が
野球エリートとして
強豪大学まで進学をしていくことに
繋がるのです。

プロ野球を見てみても
この傾向は変わりません。

やはり4月から10月ぐらいまでに
生まれた選手が多く
それ以降は極端に少なくなっているのです。

では実際に活躍している選手も
早く生まれた選手の方が
多いのかというと実はそういうことはなく

名球会入りをした
選手は8月と12月に
生まれた選手が一番多く
リーグMVPをみても
10月と2月に生まれた選手が
一番多くなっているのです。

これは、たまたまかも知れませんが
やはりある程度の体格差の中で
同級生と競い合ってきた選手にとって
大学生となり体格が
周りに追いついてきた時
一気に選手として花が開く可能性が
あるのかもしれません。

実際に最近では
学生野球の最高峰と呼ばれる
東京六大学リーグや
東都大学野球リーグ以外の
地方大学が全国大会や
明治神宮大会で勝つことも多く
大学生がプロ野球からドラフト指名を
受ける選手も増えています。

そうした選手たちは
高校時代は無名の選手が
多いですが
大学生になり体格的に
ハンデがなくなったことで
一気に選手として全国区の選手に
なったのでしょう。

ここで2018年のドラフトで指名された
選手を考えてみましょう。

まず高校生が育成も含めて46人
大学生・社会人が合わせて58人
ドラフト指名を受けました。
下のグラフは
それぞれの生まれた月を
表しています。

やはりこうしてみると
4月〜10月までに生まれた
選手の方が圧倒的に多いことが
分かります。

しかし11月〜3月をみてみると
高校生は11人のみだったのに対し
大学生以上はその倍の21人も
指名を受けていることが分かりました。

特に早生まれと言われる
1月~3月に生まれた選手は
高校生はわずか5人であったのに対し
大学生以上の選手は11人も指名を
受けており高校卒業後に急激に
成長をしていることが想像できます。

次はドラフト1位の選手に絞って
見ていきましょう。

セ・リーグ

広島カープ
51 小園海斗(こぞのかいと)
生年月日:2000年6月7日
経歴:報徳学園高

東京ヤクルトスワローズ
17 清水 昇(しみずのぼる)
生年月日:1996年10月15日
経歴:帝京高-国学院大

巨人
12 高橋優貴(たかはしゆうき)
生年月日:1997年2月1日
経歴:東海大菅生-八戸学院大

横浜DeNAベイスターズ
27 上茶谷大河(かみちゃたにたいが)
生年月日:1996年8月31日
経歴:京都学園高-東洋大(1位)

中日ドラゴンズ
7 根尾 昂(ねおあきら)
生年月日:2000年4月19日
経歴:大阪桐蔭高

阪神タイガース
5 近本光司(ちかもとこうじ)
生年月日:1994年11月9日
経歴:社高-関西学院大-大阪ガス(1位)

パ・リーグ

西武ライオンズ
17 松本航(まつもとわたる)
生年月日:1996年11月28日
経歴:明石商業高-日本体育大

ソフトバンクホークス
20 甲斐野央(かいのひろし)
生年月日:1996年11月16日
経歴:東洋大姫路高-東洋大

日本ハムファイターズ
18 吉田輝星(よしだこうせい)
生年月日:2001年1月12日
経歴:金足農業高

オリックスバッファローズ
31 太田 椋(おおたりょう)
生年月日:2001年2月14日
経歴:天理高

千葉ロッテ
2 藤原恭大(ふじわらきょうた)
生年月日:2000年5月6日
経歴:大阪桐蔭高

楽天ゴールデンイーグルス
7 辰巳涼介(たつみりょうすけ)
生年月日:1996年12月27日
経歴:社高-立命館大

こうしてみると
やはり高校生は
早く生まれた選手が多く
大学生以上の選手は
遅く生まれた選手が
多い傾向にあります。

もちろん吉田輝星投手のように
早生まれであっても
甲子園であれだけの活躍が
できる選手もいます。
誕生日から考えると
もしかしたら吉田選手は
これからプロの世界で
さらに伸びる可能性を
秘めているかもしれません。

話をまとめます。

まず小学生や中学生の時は
相対的に4月など早く生まれた選手が
体格的に有利なため活躍をしやすいです。

しかし、
それを知らずに油断をしていると
後から周りに追い抜かれてしまうことが
あるでしょう。
そうならないためにも
常に世代のトップを走り続け
誰にも追い越させないように
する努力が必要です。

また反対に1月以降の誕生日など
同級生と比べても遅く生まれた選手は
最初は体格のハンデに苦しむかもしれません。
ですがそれで強豪校に
行けなかったり
強豪校でレギュラーを
取れなかったからといって
野球を諦めてしまうのは
早計かもしれません。

強豪校ではなくても
高校・大学と野球を続けていくことで
体も大きくなり身体能力の
ハンデがなくなります。

それどころか今まで
体格的なハンデを抱えながら
周りと競争をしていた分
多くの技術が身についているはずです。
その努力が身を結び
一気に世代の中心となることが
できるかもしれません。

おそらく高校生ぐらいで
「通用しなかった」と野球を
やめてしまった選手が
大学・社会人と野球を続けていたら
早生まれであっても
もっと多くの選手がドラフトに
かかっていたかも知れません。

早く生まれた選手は
いうまでもありませんが
特に遅く生まれた選手は
晩成型の可能性があるので
高校から先のステージでも
諦めずに野球を続けて欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です