素振りと実戦のスイングの違いは?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球でよく行われる練習に
素振りがあります。

素振りはバットさえあれば
どこでもできる練習であり
バッティングにおいては
基本中の基本なので
小学生からプロ野球選手まで
全ての選手が行う練習です。

その素振り中に
よく注意されることが
「試合を意識してスイングをしろ」
「ピッチャーをイメージしてスイングしろ」
といったことです。

確かに
ただ素振りを行うよりも
しっかりと実戦である
ピッチャーを想定して
素振りを行う方がより
効率的であり成長には
良いことです。

例えば
実戦を想定し
タイミングを合わせながら
素振りをしたり
コースごとのスイングをしたりすることが
望ましいでしょう。

しかしここで勘違いしては
いけないことは
実戦でのスイングと
素振りはあくまでも
別物だということです。

いくら実戦に近いスイングを
した方がいいといっても
全く同じにすることはできません。
また全く同じにする必要もないと
私は思います。

なぜならば
素振りの役割は
自分の理想のスイングが
実戦でできるように
体に動きを覚えこませる
ことだからです。

正確には体に覚えこませる
というよりも体の動きを支配する
運動神経の回路を作ること
かもしれませんが
この作り上げた正しい回路を
実戦でも通るように何回も
スイングを行なっていくのです。

ではなぜ素振りでそれを
行うのかというと
ボールに合わせる必要がないからです。
素振りはボールを打つわけではないので
タイミングを崩されることはありません。
そのため自分の思うように
スイングをすることができます。
一方ティーバッティングも
含めてボールを打つ練習は
ボールにある程度合わせる必要が
あるのでコースやタイミングが
崩されれば正しい回路ではなく
少し外れた回路を通ることになります。

特に試合ともなると
ピッチャーはバッターのタイミングを
外そうとしてくるため
理想とする正しい回路を通って
スイングをすることはほとんど
できないでしょう。

たとえ結果がヒットや
ホームランであっても
そうした正しくない回路を
何回も通ってしまうと
体はその回路が正しいと
勘違いをし徐々に理想のスイングからは
かけ離れていってしまうのです。

そのままにしておけば
確実にフォームは崩れて
結果が出なくなってしまいますが
素振りを定期的に意識して
行うことで正しい回路を通った
スイングを維持することができます。

そう考えると
フリーバッティングや
試合形式のバッティングは
もちろんタイミングや感覚を
掴むためには必要な練習ですが
そもそもフォームが崩れていく
練習と言えるでしょう。

ですがそれが分かっていれば
対策を建てることはできます。
それは素振りをするときに
少し大袈裟なくらい
正しい回路を意識した
素振りを行うことです。

例えば
ピッチャーのボールを
打つとどうしても
打球を遠くに飛ばしたいという思いから
バットが下から出過ぎてしまい
遠回りをしてしまう傾向にある選手は
素振りでは実戦で理想とする
スイングよりもさらに大袈裟に
上から叩きつけるような
スイングを意識して体に
動きを覚えさせます。

そうすることによって
ピッチャーが投げた
ボールを打つときには
遠回りし過ぎず
上から叩き過ぎない
理想的なスイングをすることが
できるでしょう。

マリナーズのイチロー選手や
ソフトバンクの柳田選手
なども打席の前に
素振りを行いますが

よく見てみると
イチロー選手は
極端にバットを下から出すような
素振りをしていたり
柳田選手は極端に
バットを上から叩くようなスイングを
しています。

しかし二人とも
実際に打席に立って
スイングをしてみると
素振りのようなスイングは
決してしていません。

トップ選手であるこの二人もおそらく
自分なりの考えがあり
素振りを行なっているはずです。

あなたも
必ずしも素振り=実戦のスイング
と思わず
あくまで打席で理想のスイングを
するために素振りがあると
考えてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です