スクイズとセーフティースクイズ


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

攻撃側の作戦は
様々なものがあります。

その作戦の選択は
アウトカウントや塁状況
試合展開によって変わってきます。

そんな作戦の中で
ランナーが3塁にいなければ
行われない作戦があります。

それはスクイズです。

スクイズはランナーが三塁にいる時に
バッターがバントをすることで
三塁ランナーを生還させようとする
作戦です。

しかしそのスクイズの種類は
一つではありません。

通常のスクイズと
セーフティースクイズというものが
存在します。

今回はその2つの
違いを考えていきましょう。

まずは一般的なスクイズから
3塁にランナーがいる状況で
アウトカウントは無死または一死

この時にランナーはピッチャーのモーションが
開始されるタイミングに合わせて
スタートを切ります。

バッターは普通の構えの状態から
ピッチャーの投球に合わせて
バントを試みます。
この時ランナーが走っているため
バッターはボール球でも
バントをしにいく必要があります。

バッターがうまくバントを
転がすことができれば
高い確率で一点を奪うことが
できるでしょう。

しかし注意をしなければ
いけないことがいくつかあります。

まずランナーは
スタートが早すぎると
右ピッチャーの場合ランナーの動きが
見えてしまうためバントをされないように
外にボールを外されてしまいます。

そのためチームによっては
投球モーションに入った瞬間ではなく
リリースに近いところでスタートを
するという決まりがあるチームも
あることでしょう。

またバッターも
あまりに早くスクイズの構えを
見せてしまうと
相手にスクイズがバレてしまうので
いかにギリギリのタイミングで
バントに切り替えるかが重要になってきます。

対してセーフティースクイズは
普通のスクイズと同じ状況で行われますが
バッター、ランナーともに
少し動きが変わります。

まずバッターはストライクのみ
バントを行います。
そしてランナーはバッターが
バントを転がしてから
スタートを切ります。

これにより
相手にスクイズを読まれて
ボールを外されてしまったとしても
ランナーがアウトになってしまう
リスクが無くなります。

またバントが強すぎたり
フライが上がってしまった場合も
ランナーは戻ることができるため
普通のスクイズと比べて
非常にリスクが低くなります。

ただやはりスクイズに比べると
ランナーがスタートをきっていない分
バッターはしっかりとした
コースにバントを決めなければ
ランナーがアウトになってしまいます。

そのため
セーフティースクイズが
成功するかどうかは
バッターのバントの技量に
かかっているところが多い
と言えるでしょう。

最近ではセーフティースクイズを
採用するチームが多くなっていますが
どちらにもメリットデメリットがあるので
状況に合わせて使い分けができると
一点を争う試合では有利に試合を
進めることができるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です