ハンデを欲しがる選手とそうでない選手


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

スポーツをしていると
試合以外でも
練習の中で常に競争があります。
野球で言えば
ピッチャーとバッターの対戦から
長距離走や短距離走
遠投、球速、飛距離、スイングスピードなど

そうしたチーム内での
競争や勝負は
あればあるほど
チームとしても
個人としてもレベルアップを
していくことでしょう。

そうした勝負は
同学年の同じレベルの
選手と行うこともあれば
学年が違ったり
指導者と行うこともあったりします。

また同学年でも行う種目によっては
得意不得意があるため
やる前から勝負が見えてしまいそうな
こともあるでしょう。

そうした時に
よくハンデを欲しがる
選手がいます。

例えば
走る種目であれば
ハンデとして距離を
変えたりスタートを遅らせたり

一打席勝負であれば
投手が球速を遅くしたり
球種を事前に教えたり
するなど
色々なハンデがあります。

このようにハンデを
欲しがるのは小学生や
中学生に多くみられる
傾向があります。

こうしたハンデを欲しいと
思う気持ちは勝負に勝ちたい
と思う気持ちが出ているといえば
そうなのですが
大きなハンデをもらって勝ったところで
その勝利には大きな勝ちはないのでは
ないでしょうか?

反対にハンデをいらない
という選手も中にはいます。
そうした選手は
年齢差があるからこちらからハンデを
つけてあげようとすると
それをいらないと自分から断ってきます。

また、明らかに自分の方が有利だと
思う時には自らハンデを相手につけるように
する場合もあります。

こうした選手に共通することは
相当な負けず嫌いということと
勝負を楽しむことができている
ということです。

やはりハンデを欲しがってばかりいると
そのハンデに甘えが出てきてしまい
上のレベルに挑戦するという気持ちが
なくなってしまいます。

逆にハンデを欲しがらない選手は
格上の相手に対しても常に対抗心を
燃やして挑んでいく姿勢を持っており
負けてしまった時も本気で悔しがります。

しかしその負けが
相手との本当の実力差を知ることに
繋がりそれを糧に努力をすることが
できるようになるでしょう。

スポーツに限らずどんな競技でも
トップにいく選手は小さい頃から
格上の相手に挑んでいき
どんなに年齢が離れていても
自分が負ければ泣いて悔しがるそうです。

あなたも勝負にこだわることは
いいことですが
時には格上の相手に
ハンデなしで挑んでいき
真剣勝負で自分を磨くことに
チャレンジをしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です