影の努力は陽の目を見る


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

練習の中で
新しい技術や
新しいことを
監督やコーチから学ぶと
最初からいきなりできる
ということは多くはありません。

しかし、時間をかけ練習を
真剣に積んでいけば
そうした新しい技術も自分の
ものになっていきます。

ただその技術を習得するまでに
かかる時間というのは人それぞれです。

もともとセンスがあり
すぐにできてしまう選手もいれば
人の倍以上も時間がかかってしまう選手も
いるでしょう。

このように時間をかけずに
すぐにできてしまう選手と
技術の習得に時間がかかってしまう選手
あなたならどちらに
なりたいと思いますか?

おそらくですが
ほとんどの選手が
時間をかけずにすぐに技術を
習得したいと思うことでしょう。

私も時間をかけずに
すぐに新しい技術を身に付けたいと
思います。
なぜならば
そのほうがさらに次のステップに
進むことができるからです。

新しいことを学び
それをすぐさま習得し
さらに新しいことを学んでいく
これが繰り返されていけば
上達も早いことでしょう。

ですが時間をかけて技術を
習得していくのも決して
悪いことではありません。

なぜならば
それだけ一つのことに
集中をして時間を割き
練習をすることができるので
その技術を完全に自分の
ものとすることができるからです。

勉強でもそうですが
やはりすぐに覚えたものは
すぐに忘れてしまうことが
多いです。

そのため
センスがありすぐに
できてしまう選手は
最初からできてしまうため
反復練習を怠ってしまいます。
その結果技術を身に付けた気になって
気がつけばできなくなってしまう
ということもあるのです。

一方不器用ながらも
時間をかけ努力をした選手は
苦労して身に付けた分
その技術は完璧なものとなり
一生忘れることがないように
体に刻み込まれることでしょう。

このどちらが良いということは
はっきりはいえませんが
いずれにしても
早く技術が身につく選手は
その技術を完璧なものとする努力
時間がかかる選手は
あまりにも時間がかかりすぎて
周りに置いて行かれないように
する努力が必要となるでしょう。

そこで重要になってくることは
チーム練習では見えない
影の努力です。

早く技術が身についてしまう選手は
そこですぐにできるようになった
と勘違いせずに完全に自分の
ものとするために自主練習で
反復練習をすることが大切です。

また時間がかかる選手は
周りに置いて行かれないためにも
チーム練習では足りない時間を
自主練習で補い少しでも
早く技術を習得していく
よう努める必要があります。

こうした影の努力は
何をやっているのかは
指導者やチームメイトはには
わからず本人にしか分かりません。

ですが
指導者もチームメイトも
注意をしてその選手を見ていれば
確実にその変化には気づくものです。

私も様々な選手を見てきましたが
実体験として選手は大きく2種類のタイプに
分かれます。

それはセンスのある選手
センスのない選手ではなく
影で努力をしてくる選手と
そうでない選手です。

どちらが良いかということは
いうまでもありませんが
この両者には驚くほど
見た目に違いが出てくるのです。

私も毎回自主練習をやってきたか
ということをわざわざ聞いたりは
しませんが
聞かなくてもやっているかどうかは
分かってしまうものです。

おそらくそれは私が
特別というわけではなく
ほとんどの指導者の方も
同じなのではないでしょうか?

技術アップのスピードは
人それぞれですが
その取り組み方で
大きく結果を変えることも
できるので
ぜひ頭にいれておいて欲しいと
思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です