誰と戦うのか?〜少年野球〜


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球人口が徐々に減ってきていると
言われている現代ですが
依然として人気のあるスポーツに
変わりはなく多くの少年・少女が
野球をしています。

その競技人口は
少年野球を入り口に
中学野球、高校野球と
続いていきますが
上に行けば行くほど
野球のレベルが上がっていくため
競技として取り組む人は
減って行ってしまいます。

そう考えると
小学生の頃が
一番競技として野球に
取り組む人口が
多いということになります。

その結果として小学生のうちは
能力の個人差やバラツキが多く
チームの中でもあるいは
地区の中でも上手い選手と
そうでない選手の差がはっきりと
出てしまうこともあるでしょう。

こうした時に
勘違いしてはけないことは
周りの中で自分が一番上手いからといって
それがいつまでも通用しないということです。

先ほどもお伝えしたように
競技人口が多ければ多いほど
能力の差は激しいものです。

ましてや小学生時代は
体格の成長の時期にも
違いがあるため
±3歳の体格の差があると
言われています。

つまり同じ学年に早熟の選手と
晩成型の選手がいれば
小学1年生と6年生ほどの
体格差で一緒に野球をやっている
ということになるのです。

そう考えると
チームの中で
自分が一番だからと言って
決して安心や油断をしてはいけないことが
分かると思います。

もしここで「自分は天才だ」と勘違いを
してしまうと
高校生ぐらいになって
レベルの高い選手に囲まれた時
体格の個人差も無くなってくれば
一気に自分がチームで一番
下手な選手になってしまう
ということもあるでしょう。

さてでは
今現在チームで一番上手いと
感じている選手は
どこを目指せば良いのでしょうか?

それは簡単です。
自分のチームや地区だけではなく
日本全国にいる
野球少年達です。

今はまだ顔も名前も存在すらも
知らないライバル達が
日本全国にいるはずです。

その中には必ず自分よりも
上手い選手が山ほどいることでしょう。

そうした選手達とは
あなたがこの先野球を続けていき
自分が上手くなって
高いレベルに行けば
チームメイトとして
もしくは
相手チームの選手として
必ず出会うことになります。

そこで出会った時に
自分が個人としてもチームとしても
負けてしまわないために
決して今チームで一番
地区で一番だからといって
慢心をしないようにしましょう。

もちろん
チームとして全国大会に出たり
全国優勝をしたような選手達も
同じです。

今現在日本一だからといって
自分が一番だと思ってしまってはいけません。
それはチームとしては活躍できていない
という選手達の中にも必ず
この先プロ野球選手となるような選手達が
たくさんいるからです。

今自分が上手いと思っている選手ほど
そうした見えないライバル達に
負けないためにも
是非とも今以上の取り組みで
さらに上を目指して欲しいと思います。

ps.勘違いすることは
よくはありませんが自信を持って
堂々とプレーすることは大切なことですので
思い切ったプレーをしていきましょう。

横浜DeNAベイスターズの三嶋一輝選手と
年明けの自主トレを行いました↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です