足を速くするためにpart1


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球をする上で
重要な要素の一つに
足の速さがあります。

足が速いということは
それだけで選手にとっては
とても大きな武器となります。

それは
単純な走塁のスピードのみならず
守備範囲や内野安打にも
影響がでてくるため
走・攻・守
その全てにおいてプラスとなるからです。

例えば
同じレベルくらいの野球選手が
いたとします。
しかし片方の選手の方が
圧倒的に足が速ければ
間違いなく足の速い選手を
監督としては起用することでしょう。

では、どうすれば足は
速くすることができるのでしょうか?

そこでまず理解をしておいて
欲しいことは足の速さはある程度
生まれた時に決まっている
ということです。

天性のものと言ってしまえば
それまでですが
実際
瞬発的に体を動かす速筋と
持久的に体を動かす遅筋の
割合は個人差がありそれが
大きく変わることはないのです。

そのため生まれつき速筋の
割合が多い選手は短距離に優れ
遅筋の割合が多い選手は長距離に
優れているのです。

しかし、それだけで全てが
決まってしまうほど走力というものは
単純なものではありませんし
才能だけで全てが決まってしまうのならば
陸上選手は厳しいトレーニングを
行う必要はないでしょう。

仮に生まれ持った
速筋の割合が相手よりも
少なくても努力次第では
その相手よりも速く走ることは
可能です。

その方法の一つが
速筋を鍛えるという方法です。
先ほどお伝えした通り
速筋と遅筋の割合が大きく変わることは
ありません。
しかし速筋を鍛えることは可能です。

例えば
速筋の割合が少ない選手Aと
速筋の割合が多い選手Bがいたとします。
Aの選手は速筋の割合が少ないものの
速筋を鍛える練習を欠かさず行なっていました。
一方Bの選手は特に走力に関するトレーニングを
行いませんでした。

その場合生まれ持った
「走る」という才能に関しては
Bの選手の方が優れているかもしれませんが
トレーニングを行なったAの選手の方が
速筋の力は大きくなり速く走ることが
できるでしょう。

もう一つは
走り方を変えるという方法です。

走り方は通常何も指導を
受けていなければ個人差があり
独特な走り方をする選手も
いるでしょう。

しかし、オリンピックに出場するような
陸上選手をみてみればわかる通り
どの国の選手も素人目には
同じような走り方をしています。
(細かく言えば個性はありますが)

このように同じような走り方に
なっているのはなぜでしょうか?

答えは簡単です。

それはどの選手も速く走れるフォーム
というものはある程度共通しているからです。

ということは
普段思いっきり走ることしか
意識していない野球選手も
走り方を改善することが
できれば必然的に足が速くなる
可能性があるということです。

次回はこの
速筋のトレーニング方法と
走り方について解説をしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です