動作修得のために自分の仕事を減らす?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

球速アップや飛距離アップに向けて
この冬の時期に行わなければならないことは
体力強化と無駄のない効率の良いフォームを
身につけることです。

特にフォームの修正は
今の時期にしっかりと行なって
おかなければ春になり実戦が始まって
しまうと結果を求めるあまり
思うように修正が進まないことがあります。

そんな新たなフォームの
動作修得のためには
個人個人に様々なポイントがあり
それを一つ一つ克服していく
必要があります。

ですが厄介なことに
そうしたポイントを
一つ一つ意識して
動作を行おうとすると
意識するポイントが
多ければ多いほど
「ぎこちない」動きになってしまいます。

例えば
ピッチングにおいて
・体をまっすぐにすること
・足を高く上げること
・リリースを前にすること
・スタンスを広げること
・腕を速く振ること

これら全てを一度に
意識してピッチングを行うことが
できるでしょうか?
当然ですがこれら全てを
意識しようとすれば
フォームはぎこちないものとなるか
いくつかの項目は意識をせずに
動作を行うことになるでしょう。

それにもかかわらず
様々な指導者からのアドバイスを
全て聞き入れて実践しようとしてしまうと
どうなってしまうかはあなたにも
想像がつくのではないでしょうか?

ではこうした状況に
ならないために
また新たな動作を速く
身につけるためには
どうすれば良いのでしょうか?

その方法の一つとして
提案をしたいのが
自分の仕事を減らしてあげる
という考え方です。

先ほども
お伝えしたように
全てのポイントを意識することは
ぎこちない動きに繋がってしまいます。
ということは逆にいくつかの
意識すべきポイントを減らすことで
ぎこちなさをなくせば良いのです。

例えば
先ほどの例で言えば
5つあったポイントのうち
まずは体をまっすぐにすることだけを
意識していきます。

意識すべきポイントを
一つに絞ったことで
動作の改善は割と簡単に
行うことができるはずです。

しかし減らしてしまった
ポイントをそのままにしてしまっては
いけません。

なので
体をまっすぐにする練習を行い
その動作が体に完全に身につき
無意識に行えるようになったら
今度は次のポイントを
意識して練習を行うようにしましょう。

このようにして一度に全ての
仕事をこなすのではなく
一つ一つの仕事に絞って練習を
行うことで動作の習得は
スムーズに行うことができるようになります。

また
動作というものは常に連動をしている
ものなので一つのポイントを
意識しただけでもその他のポイントも
気がつけば修正されている
ということもあります。

仕事を減らすという
考え方は特に真面目な選手ほど
実践してもらいたいと思います。

真面目な選手ほど
指導者に言われたことを
全て完璧に意識して
動作をしようとしてしまいます。

ですが試合の
打席やマウンドでそのように
今まで言われてきた
全てを意識してプレーをしてしまえば
脳は情報を処理しきれず
結果ぎこちない動作が生まれ
悪い結果を生んでしまうことでしょう。

なのでこの場合も
様々なポイントの中の
一つだけを意識して
動作を行う練習を行い
その中で最も効果があったと
感じたポイントだけを試合で
意識してプレーをするように
してみましょう。
ぜひ実践してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です