速い球を投げるためには?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

ピッチャーとしてバッターを打ち取るためには
コントロールであったり
変化球であったりが重要で
球速で全てが決まるわけではありません。

しかしピッチャーの選手であれば
誰しも速い球を投げたいと
思うのがピッチャーとしての本能でしょう。

では速い球を投げるためには
どのようなことが必要になるのでしょう?
理想的なフォームや速い球を投げるための筋力は
もちろん必要です。
しかし、それと同じくらい
体の特に肩関節の可動範囲も
重要な要素となってくるのです。

その単純な理由として
考えられるのは
理想的なフォームを
行うためには可動範囲が広くなければ
いけないからです。

プロ野球選手などの
フォームをチェックしてみると
非常にしなやかで力強い
フォームをしています。

全く同じように投げることができれば
あなたも同じようなボールを投げることが
できるでしょう。
しかしそれができないのは
そのフォームを習得するために
必要な体をあなたが持っていないからです。

これはプロ野球選手の
フォームのトップから
リリースに向かう間の
肩関節の最大外旋の瞬間です。

あなたもこのフォームを
真似して最大外旋を行なってみてください。
おそらく何人かの選手は
ここまで腕をしならせるように
肩関節を外旋させることができなかった
のではないでしょうか?

つまり理想のフォームを
手に入れるためには
フォームの練習をする前に
体を変える必要があるのです。
この場合で言えば
肩関節の柔軟性が必要となってきます。

ではなぜこのように
最大外旋が大きく作れると
球速が上がるのでしょうか?

では反対に肩関節の可動域が狭く
最大外旋が小さい選手を想像してみてください。

この場合外旋の可動範囲が
狭いためボールに力を加えるための
距離がなくなってしまいます。

つまり助走がない状態で
幅跳びをするのと
同じように十分な力が
ボールに伝わらずに
ボールを投げることに
なってしまうのです。

考えてみれば
当たり前のことですが
同じ筋力をしていた場合
長い時間ボールに力を加えたほうが
力強く速いボールが飛んでいきます。
その時間を左右する一つが
肩関節の柔軟性なのです。

日本一速いボールを投げる
メジャーリーガーの大谷選手も
この可動範囲が
とても広いことで知られています。

もしあなたが速いボールを
投げたいと思っているならば
ぜひこの肩関節の可動範囲を
大切にして練習に取り組むように
していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です