足首は硬い方が良い?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

スポーツ選手にとって
体は大切な商売道具です。
そんな体に関しては様々な情報が
あります。

そんな中でもよく話題に上がるのは
体の柔軟性です。
今回はそんな柔軟性の中でも
特に足首に絞ってお話をしていきます。

屈伸などの体操をしているとき
このようにかかとが地面から
浮いてしまっている選手を
見かけませんか?

こうした選手を見るとよく
「足首が硬いから柔らかくしろ」
と言われたりします。

しかし、本当に足首は
柔らかい方が良いのでしょうか?

足首の関節は主に
底屈と背屈という動きを行い
それによりクッション的な
役割を果たしたり
地面を蹴るなどして
上半身に地面から力を
伝える役割も果たします。

では想像してみてください。
走る動作や
野球におけるピッチングやバッティング
の動作を行うとき
足首が柔らかく可動範囲が非常に広かったとします。

果たしてこの状態で
瞬間的に強い力を上半身に
伝えることができるでしょうか?
当然ですが柔らかすぎてしまえば
柔らかく伸びきってしまった
バネのように強い力を引き出すことが
できないのです。

特に人間は動作を行うとき
空中では力が出ないことからも
わかる通り
地面を強く踏ん張ることでしか
強い力を得る方法はありません。

その最初の足で力が逃げてしまうということは
スポーツ選手にとっては
致命的なことと言えるでしょう。

ということは足首は柔らかいよりも
硬い方が力を発揮するためには
効率が良いということになります。

しかし、だからと言って
ストレッチを怠ってしまうことは
いけません。

やはり急に負荷をかけることで
筋肉やアキレス腱に負担が
かかってしまえば怪我を
してしまう恐れがあるので
十分にストレッチは行う必要が
あるのです。

また最初に話した
屈伸を行うときに
かかとが上がってしまう選手も
そのままでいいというわけでは
ありません。

それは
かかとが上がってしまう原因に
足首の硬さは関係がないからです。
ではどこに原因があるのかというと
それは骨盤の動きにあります。

おそらく屈伸でかかとが浮いてしまう
選手は骨盤が後傾した状態に
なってしまっています。

その結果そのまま
屈伸を行なってしまうと
背中の方向に重心がかかりやすくなり
かかとをついてしまうと
後ろにそのまま転んでしまうので
転ばないようにかかとを浮かせて
屈伸をしてしまうのです。

しっかりと骨盤を
前傾させる動きができれば
重心は前方にかかりやすくなるので
かかとをつけても後ろに
転ぶ心配はないでしょう。

実際問題この骨盤を前傾させる
動きは足首の硬さ以上に
スポーツにとっては重要な
動きとなっています。

もしあなたもしくは
あなたが指導している選手が
屈伸をしているとき
かかとが浮いてしまっていたら
足首の硬さを指摘するよりも
骨盤の動きに注意を払って
改善を行うようにしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です