現状維持=退化


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

練習をしていく中で
選手が求めることは常に
今よりも上手くなることであると思います。

しかしながら練習の
一つ一つの取り組みをみていると
どうしても「現状維持」をする練習を
しているようにしか見えてきません。

なぜそう見えるのかというと
ミスを恐れすぎてしまっているからです。

例えば
ノックを見ていても
ミスをしないように
安全な捕り方で安全な送球を
行なっています。

もちろんそれはそれで
基礎なので大切な動きです。
しかし、それができるようになったら
次に行わなければいけないことは
速さを求めることです。

内野手は特に常にランナーとの
速さの勝負になってきます。

そのため
いくら安全にとって
安全に送球をしたところで
ランナーが先に塁に到達してしまえば
意味がありません。

だからこそ
成長していきためには
基礎ができたらそれを大切に
しつつも
速さを求めて前に攻めていく
撮り方や速さを意識した
スローイングを練習する必要が
あるのです。

もちろん最初は失敗をしてしまうことでしょう。
それでもそのままでいいと現状維持で
満足をしてしまえばその選手に
成長はありません。

バッティングにおいても
同じです。

今打てているから
といってフォームがそのままで
良い訳がありません。

もっと打率を高めるために
もっと飛距離を伸ばすためにと
常に試行錯誤を繰り返すことが
その選手の成長に繋がっていきます。

実際プロ野球の世界でも
一流選手ほどこうした
フォーム変更を細かく行なっているのです。
(本人以外は気づかないほどの変化もあります。)

それにもかかわらず
今打てているから
フォームを変えることで
打てなくなるのが怖いと
現状維持を望んでしまってはいませんか?

もしくは何も考えずに
バッティングを行なってはいませんか?

もちろん打てているのならば
わざわざ大幅な変更をする必要は
ありません。

しかし、10割を打つことができない以上
どんな選手にも改善の余地はあるはずです。
それを追い求めて現状から進んでいこうと
することができる選手だけが
上の世界に行って生き残っていきます。

あなたも現状維持に甘んじることなく
現状維持=退化
このように考えバッティングにおいても
ピッチングにおいても守備においても
ミスや成績を多少落とすことを
恐れずに積極的に新たなプレーや
フォームに挑戦していき
選手として進化できるように
これからの練習に取り組んでいくように
しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です