ストライクゾーンとヒッティングゾーンの違い-応用編-


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

先日は
ストライクゾーンとヒッティングゾーンに
ついてお伝えしていきました。

要点をお伝えすると
ストライクゾーンを打つのではなく
ヒッティングゾーンを打つという
考えが大切だとお伝えしていきました。

ですが
これだけでは
高いレベルでは通用しなくなってきます。
それは相手のバッテリーの
レベルが高くなってくると
弱点がばれてしまい
苦手なコースばかりで勝負をしてくる
可能性があるからです。

こうした
状況ケースに対応していく
ためには2通りのアプローチが
必要です。

まず1つ目は
自分のヒッティングゾーンを知ることと
並行して自分が苦手なゾーンを
減らしていく練習を行なっていくことです。

得意なゾーンを知ることが
できれば必然的に苦手な
コースも知ることができます。

そうなれば
それを克服しようと
努力をすることが打率アップには
欠かせないでしょう。

苦手なコース
苦手な球種
さらには左右の投手別に
苦手なコースと球種を
整理しそれを克服するための
練習を行い自分のヒッティングゾーンを
広げていきましょう。

2つ目は
得意なコースを引き出す
というテクニックです。

これはかなり難易度が
高いテクニックです。

どういったテクニックかというと
苦手なコースを徹底的に
カットし続け相手のコントロールミスで
甘くなったボールを打つ
という方法です。

どんなにコントロールが良いピッチャーでも
全てのボールをコントロールすることは
できません。
苦手なコースをせめられた時も
ヒットにはできなくてもカットをすることが
できれば相手の失投により
自分のヒッティングゾーンにきた
ボールを打つことができるはずです。

またもうひとつの方法としては
配球をコントロールするという方法も
考えられます。

例えば
得意なインコースに
ボールを呼び込むために
あえてインコースギリギリに構え
アウトコースに踏み込んでいく
ような待ち方を数球行います。

そうなれば
バッテリーはアウトコースが狙われていると
錯覚しインコースで勝負を仕掛けてくるでしょう。
そこできたインコースを思いっきり引っ張り打つ。
このようにバッテリーを騙して
配球をコントロールするということが
できれば苦手なコースに手を出すことなく
得意なヒッティングコースだけを
打つことができることでしょう。

このように打率をあげるには
ヒッティングゾーンを知り
ヒッティングゾーンを広げ
さらには打席でヒッティングゾーンを
呼び込むためのテクニックが重要です。

ぜひあなたもそれぞれのレベルに
応じて打率をあげるための練習を
実践してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です