ストライクゾーンとヒッティングゾーンの違い-基礎編-


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

ピッチャーが投げるボールは
大きくストライクかボールの2つに
分けられます。

ピッチャーからすれば
バッターに打たれないように
ボール球も織り交ぜながら
ストライクを重ねていくことが
重要です。

ではバッターからすれば
どうでしょうか?

バッター目線からしても
ピッチャーが投げるボールは
ストライクとボールに大きく分けられます。
しかしながら打率をあげるには
ストライクをさらに分ける2種類に
分ける必要があるのです。

それがヒッティングゾーン
という考え方です。

バッターからするとストライクを
取られて追い込まれてしまうと
打ち取られてしまう可能性や
三振をしてしまう可能性が高くなります。
ですが、だからと言って全ての
ストライクゾーンを打ちにいっては
いけません。

それがなぜか分かりますか?

その理由は
ストライクゾーンでも
ヒットを打てる確率が低いコースが
存在知るからです。

簡単にいうとこれは
バッターそれぞれの苦手な
コースや球種ということになります。

この打ったとしても
ヒットになる確率が低いコースを
ストライクだからと言って
わざわざ初球から打ちにいく
必要があるでしょうか?

もちろん打ちに行く必要は
ありません。
打率をあげようと考えているのであれば
ストライクゾーンを打ちに行くのではなく
自分のヒッティングゾーンを打ちに行く
ことが大切です。

ヒッティングゾーンとは言い換えれば
自分の得意なコースや球種です。
当然ですが苦手なストライクゾーンよりも
得意なヒッティングゾーンを
振りに行った方が打率は高くなるでしょう。

極端な話をすれば
ボールゾーンであっても
自分がヒットにできる確率が
高いコースや球種であれば
それはあなたにとっては
ヒッティングゾーンといえます。

こうした考えの中で
重要なことは
まず自分がどのコースが苦手で
どのコースが得意かということを
知ることです。

ただ闇雲にバッティングを行うのではなく
試合での打席結果などを元に
自分の得意なコースを知り
同時に苦手なコースを知るように
しましょう。
そうすることで
自分のヒッティングゾーンが
明確になっていきます。

あとはそれを頭に入れながら
人が手なコースには手を出さずに
得意なコースにだけ手を出すように
していきましょう。

それだけでも
打率は格段に良くなっていくことでしょう。

ただこれだけでは
「もし苦手なコースばかりがきたらどうするのか?」
といった疑問も生まれると思います。

そこで次回はヒッティングゾーンに
ついての応用編をお伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です