先攻と後攻それぞれの戦い方とは?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

先日は先攻と後攻どちらが
有利なのかというテーマで
お話をしていきました。

結論としては
データ上は後攻が有利だが
それ自体が試合を決める要因ではなく
そのそれぞれにおける戦い方が
重要だということが言えると思います。

では先攻と後攻それぞれの
戦い方とはどういったものなのかを
今回はお伝えしていきます。

まず先攻の場合
先攻におけるメリットは
・相手よりも先に攻撃ができる
という点につきます。

そのため先制できるかどうかは
別として必ず先攻に先制点を
奪う機会が与えられます。

そのため大切になってくるのは
初回の攻撃です。
初回というのは試合の始まりであるため
ピッチャーにとって
相当なプレッシャーがかかります。
その為立ち上がりが不安定になりがちです。
(特に小学生や中学生に多くあります。)

そこを攻めることができれば
先制点を奪う可能性は高くなっていくでしょう。
先制点を取ることができれば
あとは相手にプレッシャーをかけることだけを
考えていきます。

まずは裏の守りを0点で抑えること
1-0とするだけでも
相手には少なからずプレッシャーが
かかります。

そのプレッシャーは
追加点を奪うことでさらに
強くなっていきます。

そうしたプレッシャーの積み重ねが
相手の攻撃に焦りを生んだり
守備でのミスを生むことに繋がっていきます。

これが上手くいけば
格上相手のチームにも
勝利をすることができるかもしれません。

想像してみてください。
逆に格上相手に後攻の立場で
先制をされてしまったら
この場合なかなか試合をひっくり返すのは
精神的に難しいと思いませんか?

野球とはメンタル面が大きく
左右するスポーツです。
先攻の場合は初回に特に力を入れて
相手にプレッシャーをかけることができれば
優位に試合を運ぶことができるでしょう。

次に後攻の場合
後攻の場合は常に
相手の攻撃の後に
攻撃ができるので
相手の攻撃の結果を受けた
攻め方をすることができます。

その為考えることは
イニングを終えた時に
リードをさせないような攻め方
をすることです。

例えば1点取られていれば
まずは1点を取り返す作戦を
2点取られていれば2点を取り返す
作戦を考えることです。

しかしここで注意をしなければ
いけないことは
大量失点をしてしまった場合です。
この場合一気に大量点を奪うことは
難しいでしょう。
その為序盤であれば相手との
戦力差を冷静に分析し
十分に最終回までに取り返せると
判断できれば
焦らずにまずは1点を取ることに
集中するべきです。

もしこの時
焦って大量得点を狙いに行く
作戦をとってしまうと
淡白な攻撃になりやすく
結果的に得点を取ることができずに
プレッシャーばかりが高まってしまいます。

こうなってしまうと
いくら実力差があっても
ひっくり返すことが難しくなって
しまうでしょう。

もちろん試合終盤であれば
強引にでも得点を奪いに行く
作戦をとらなければいけませんが
それまでは焦らずに1点を返すことに
集中していきましょう。

ここでお伝えしたことは
あくまで作戦の考え方の一つにすぎません。
もしかしたらチームによっては
先攻の方が勝率が良い為
ゲンを担いで先攻を取りに行く
チームもあることでしょう。

ぜひあなたも
先攻と後攻においてどのような
メリットがあるのかを考えて
視野を広げてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です