勝利と将来


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

いよいよ12月も近づき
寒くなってきたことで
年内の試合もあと数試合と
なったというチームも多いでしょう。

さてここでこの一年を振り返ってみて
あなたのチームはどれくらいの
試合を行いどれくらい勝つことが
できたでしょうか?

練習試合以外の
トーナメントによる
公式戦では勝つことで
次の試合があるので
強いチームほど
試合数が多くなっている
かもしれませんね。

やはり練習試合でも
公式戦でも
試合数が増えれば増えるほど
練習では見えない課題や
経験を得ることができるので
どんどん強くなっていくことでしょう。

しかし、
目の前の勝利を追い求めすぎるが故に
大切なことを見落としているかもしれません。
それは選手の将来です。

特に小・中学生のピッチャーの選手に
多いのですが試合に勝ちたいという
思いから
毎試合同じ選手が登板し
全て投げ切ってしまうということが
多くあるのです。

これがなぜ問題なのかというと
小・中学生や高校生においても
投球過多はその選手の
選手寿命を縮めてしまったり
成長期においては
成長障害などを起こし兼ねないからです。

このようなことになってしまう
背景には
まず、指導者たちが勝ちたい
選手たちを勝たせてあげたい
という思いがあるからです。

やはり指導をする以上
指導をしているチームを
勝たせたいと思うのは
当然のことでしょう。

また子供達に
良い思いをさせてあげたいと
思うことも当然のことだと思います。

しかし、小・中学生が
高校野球や大学野球や
その先まで野球を本気で続けたいと
考えた時
成長期でこのようにボールを
投げすぎてしまうと
選手たちの未完成な筋骨格系は
悲鳴をあげ怪我となって現れたり
成長障害となって現れたりしてしまうのです。

また厄介なことに
こうした怪我などは
すぐに現れるものではなく
その指導者の手を離れたのち
次のチームの指導者のもとで
発生してしまいます。

その結果
小学生時代は良かったが
高校生になると卒団生が
あまり活躍していないという
ことが起きてしまうのです。

しかもその原因が
もしかしたら小学生時代に
あったのではとは
思いもよらないのです。

このように
やはり選手の将来を
考えると今だけ良ければいい
という考えは指導者としては
一緒になくしていかなければ
いけませんね。

もちろん
高校野球で野球を
終えるから
最後の大会だけは
全て投げさせて欲しいと
強く願う選手を無理やり
将来のためと投球制限することは
難しいかもしれません。

しかし、
少しでも怪我や将来の可能性を
潰してしまわないためには
以下のことに注意が必要です。

一つ目は
日々の投球数に明確な上限を
設けること

二つ目は
負担の少ない
フォームで投げること

そして三つ目は
ストレッチやアップ
補強など
怪我をしにくい
体を作ってあげることです。

もちろん
試合に勝つことは
重要ですが
選手の将来のためにも
ただ勝つのではなく
その勝ち方にも
こだわりを作っていきましょう。

チーム出張解析

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です