なぜ冬は怪我をしやすいのか?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

寒い冬の時期になると
増えてくるものがあります。

それが肩や肘、膝など関節部分の
怪我です。

こうした怪我の状態に陥ってしまうと
せっかくたくさんの練習ができる
大切な冬の時期に
練習ができなくなってしまうため
周りと大きく差がついてしまうでしょう。

またこうした怪我は
成長期に当たる選手など
関節がまだしっかりとしていない
選手に多く見られます。

今回はこうした
怪我を招いてしまわないために
どうして怪我をしてしまうのかと
怪我を予防するための
考え方をお伝えしていきます。

まず怪我を起こしてしまう
原因ですが
一つはアップ不足にあります。
アップの目的は
様々ありますが
その中の一つに
体温を高めるということが
挙げられます。

ここで知っておいていただきたいことは
関節には骨と骨の間の動きを
滑らかにするための
液体が存在しているということです。

アップによって
体温を高めることによって
この液体も温度が高くなります。
それにより関節を動かすときに
滑らかに動かすことが
できるようになるのです。

つまり裏を返せば
アップが不十分に
なってしまうとこの関節に
ある液体の温度が高まらないため
関節の動きが悪くなり骨と骨の衝突が
起きてしまい怪我に繋がってしまうのです。

ということは
必然的に冬の時期は
体温が温まりづらいため
怪我が起きやすくなってしまうのです。

こうした原因を理解していると
いかにアップが大切かということが
理解できると思います。

しかしながら
こうした原因を知らないばかりに
アップが不十分なまま
キャッチボールやピッチング練習に
すぐに移ってしまうという光景を
よく目にします。

また体が全体的に温まっていると
感じていてもキャッチボールなどに
最も重要な肩周りの関節や肘の関節は
まだ温まっていないということも
多くあります。

こうした状況を防ぐためにも
全身のアップだけではなく
キャッチボール前には
十分すぎるほど
肩肘の周りを動かすことで
関節を動かせる状態にしておくことが
必要なのです。

ただしこのキャッチボールのための
準備で大切なことは
ストレッチのしすぎにならないように
気をつけなければいけないということです。

もちろんストレッチは
怪我を防ぐためには大切ですが
プレーの前にあまりにも
筋をストレッチさせ過ぎてしまうと
筋が伸び過ぎてしまい
筋の本来の力を発揮できなくなります。

ですのでキャッチボール前に
行うのはゆっくりと体を伸ばすような
ストレッチではなく
腕や肩を回すなどの
動きのあるストレッチが効果的です。

そして練習などが終わった後には
ケアのために十分に体を伸ばすような
ゆっくりとしたストレッチを行うようにしましょう。

一度怪我をしてしまうと
練習ができなくなること以上に
たくさんのデメリットがあります。

怪我になってから
後悔をしないためにも
怪我の原因と予防策を正しく理解しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です