日米守備の違い


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

先週の金曜日から
日米野球が開幕し
連日熱戦が繰り広げられています。

注目は何と言っても
現役メジャーリーガーの
豪快なバッティングです。

どんなコースでも
フルスイングをし
軽々とスタンドにボールを
運んでしまうため
日本のピッチャーも
相当なプレッシャーが
かかっていることでしょう。

しかし
あなたには是非もう一つ
注目していただきたい
ポイントがあります。

それはMLBオールスターの守備です。

以前守備についてお伝えした時
打球に対してはたくさんのステップを
踏んで捕球ミスがないように
また送球がしやすいように入っていくことが
重要だとお伝えしていきました。
これは日本では当たり前のことです。

ですがメジャーリーガーの
守備を観ると日本人選手とは
実人対照的な動きをしていると
感じることもあるのではないでしょうか?

彼らの守備はとにかく
ボールに早く向かっていき
多少バウンドが合わなくても
華麗なグラブさばきで
ボールをつかみ
また送球がしづらそうな
体勢でもノーステップで
ものすごいボールを投げたり
ジャンピングスローやランニングスローを
多用し送球を行なっています。

そのため
日本人比べると
打球をより前で捕球する
ことができていたり
日本人じゃアウトにできないような
打球を平然とアウトにしてしまったり
します。

こうして考えると
日本もメジャーリーガーの守備を
真似すれば良いのではないかと
思うかもしれません。

しかしながら
それができないのには
理由があります。
それは根本的に
体の強さが違うことです。

やはりメジャーリーガーは
日本人と比べれば
体が大きくそして強さがあります。

そのため
多少体勢が悪くても
矢のような送球を投げることが
できてしまうのです。
だからこそ多少強引であっても
打球に対して速く向かっていくことができます。

ですが日本人の場合
そうしてしまうと勢いが
つきすぎてしまったり
体勢が悪すぎるあまり
送球が安定しません。
その結果ミスを連発し
捕球することはできるが
送球が悪いため
アウトにできなくなってしまうのです。

もちろん日本の守備のいいところも
あります。
それは正確性です。
どの打球に対しても
丁寧に入っていき
高い確率で良い捕球体勢を
作ることができるため
送球も安定がしやすいのです。

そのため一発勝負の
ミスができない勝負では
日本の守備の方が安心感があるでしょう。

メジャーリーグには
過去何人もの選手が日本からも
挑戦をしていきました。
ピッチャーや外野手では成功を
収める選手が多い中
内野手として成功したと言える選手は
まだいません。
そこにはこうした守備の違いが
大きく影響していることは
間違い無いでしょう。

これから先
日本人選手が
メジャーで内野手として
活躍するには
こうしたフィジカル面でも
引けを取らないような選手で
どんな体勢でも
送球ができるような
肩を持っているというのが
条件になってくるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です