形よりも〇〇が大切?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

バッティングにおいても
ピッチングにおいても
フォームは力を発揮するためには
とても重要な要素の一つです。

しかし、ここで勘違いして欲しくはないことは
形にこだわってしまっては危険ということです。

例えばですが
バッティングにおいて
プロ野球選手のフォームを参考にするため
テイクバックやトップ、インパクトの形を
見比べてマネをしたとします。
もちろんこれ自体は悪いことでないのですが
大切なことは
フォームの部分部分を切り取った
形だけをマネするのではなく
その過程も含めてマネをすることです。

フォームとは
とても複雑なものであり
繊細なものであり
それゆえに一人一人の個性や
才能によって実に様々なフォームがあります。

その為このように
テイクバックやトップ、インパクトなど
一瞬の形だけをマネしてしまうと
本来持っている自分のバランスを
崩してしまう可能性があるのです。

その結果フォームの
見映えや形はよくなったけど
バッティングやピッチングが
悪くなったという
ある種の矛盾が起きてしまう
ことがあるのです。

こうなっていしまわないためには
どうすれば良いのでしょうか?

それはフォームの形よりも
動きや流れを重視することです。

バッティングでいえば
バットを上げ下げする動きや
右腕左腕の動き
スタンスの広さ
手首の使い方
さらには構えからテイクバック
テイクバックからトップ
までの流れの動き

ピッチングにおいても
セットポジションからの
足の上げ方やスタンスの広さ
トップからリリースに向かう
上半身と下半身の動き

このような動きや流れには
それぞれ反動をつけるためであったり
動きをスムーズにするためであったり
タイミングを合わせるためであったりと
パフォーマンスを高める上で最も
重要な要素が含まれています。

しかし厄介なことに
こうした動きや流れが
パフォーマンスに与える影響を
本人または指導者が認識せずに
プレーを行なっているということが
大半なのです。

そのため
フォームの中で一見無駄に見える動きでも
その選手にとっては
とても大事な動きであったにも
関わらずプロ野球選手と比較を
してみると自分と形が違ったため
指導者もしくは本人がその動作を
省いてしまったとします。

その結果
先ほどもお伝えしたような
形が良くなったがパフォーマンスが
下がるといった現象が起きてしまうのです。

もちろん
形をマネすることを一概に
否定する訳ではありません。
形をマネすることでパフォーマンスが
上がるということもたくさんあるからです。
ですがそれもやはり
「形」を真似た結果、「動き」がよくなった
ということなのです。

話をまとめると
パフォーマンスを高めるためには
フォームの改善や見直し、修正が必要
しかし、その時に実行して欲しいことは
形をマネすることではなく
動きの意味を考え動きをマネすることです。

あなたも是非
形だけにとらわれるのではなく
そのフォームの動きや機能を
重視してチェックして自分のフォームの
参考とするようにしてください。

チーム出張解析

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です