昭和第一学園野球部訪問


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

先日立川市にある
昭和第一学園高校野球部さんに
お伺いさせていただきました。

昭和第一学園高校の
監督は私にとって
法政一高、法政大学の野球部の
大先輩に当たる
田中善則(たなか よしのり)さんです。

田中監督は選手としては
法政一高時代に
春・夏の甲子園に出場しており
法政大学でもレギュラーとして
4連覇に貢献した偉大な先輩です。

法政大学卒業後も
社会人野球のシダックスで
活躍されました。
また選手として引退後は
当時シダックスの監督に
就任した野村監督のもとで
コーチとしてもご活躍され
のちに監督も勤められています。

2014年からは
昭和第一学園高校の
監督として選手の指導をされています。

練習では
ピッチャーがピッチング練習を
行なっており
ピッチング練習のサポートを
動作解析を通してさせていただきました。

動作解析で
横からのフォーム
正面からのフォームを
選手・監督と共に確認をしました。
さらにはプロ野球選手のフォームとも
比較をすることで選手それぞれが
新たな課題を見つけることができた
ようでした。

その他野手の
練習も見学させていただきましたが
やはり選手として社会人野球まで
経験した田中監督や
その他大学野球経験があるコーチの
考えた練習というだけあり
とても工夫を凝らした練習が多く
また随所に選手の自主性を
尊重させるという考えも見られました。

昭和第一学園野球部は
先日行われた秋季東京大会で
予選を勝ち上がり本選に出場しましたが
本選の2回戦で優勝をした
国士舘さんとあたり
惜しくも2-4で敗れてしまいました。

しかし、優勝した国士舘と
終盤まで接戦を繰り広げたことは
選手たちにとって
自信になったのではないでしょうか?

この冬を乗り越えた春以降の
活躍が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です