牽制とリード〜3つのリードとは〜


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

試合の中で
ランナーがいる時のみに
行われるプレーがあります。

それが牽制とリードです。

この牽制とリードは
試合を大きな流れで見ると
あまり重要でないようにみえ
どちらかといえば
地味なプレーだと感じるかもしれません。

しかしながら
強いチームほど
この牽制とリードの重要性を理解し
高いレベルで実践をしています。

こうした牽制やリードの技術や
知識というものは
意外にも教わる機会が少なく
ただなんとなくで終わってしまう
ケースがほとんどです。

今回はこうした牽制とリードについて
最低限の知識についてお伝えしていきます。

まず先にリードについて
お伝えをしていきます。

リードをすることには大きく分けて
3つの意味合いがあります。

1つ目は
リードを取ることで
次の塁への進塁の可能性を高めること。

ランナーはバッターの打球によっては
タッチアウトやフォースプレーで
アウトになってしまうことがあります。
これが明らかなアウトであれば
仕方がないのですが
間一髪のアウトであった場合
もう少し足が速ければと
指導者も選手自身も考えてしまうかもしれません。
ですがその前に考えて欲しいことは
「適切なリードを取れていたのか?」
ということです。

適切なリードが取れていれば
間一髪のプレーも楽々セーフであった
かもしれません。

適切なリードを取る上で
大切なことは
第2リードをしっかりと取ることです。

第2リードとは
ピッチャーがモーションに入る前までの
第1リードとは違い
ピッチャーがモーションに入ってから
行うリードです。

第2リードはピッチャーが投球モーションに
入ったことで牽制がないと判断してから
行うものなので
あとはキャッチャーからの牽制に刺されない
ギリギリのところまでリードを取ることができます。

ピックオフも警戒しつつ
キャッチャーに刺されないギリギリのリードを
取れるかどうかが次のプレーでアウトになるか
セーフになるかを決めてくれます。
これはバントの成功率をあげることにも
直接繋がってきます。

足を急に速くすることはできませんが
リードは意識して経験を積めば
すぐにでも改善されることなので
この第2リードの質を高めましょう。

2つ目は盗塁のためのリードです。
盗塁をするためには自分がセーフになる
ための最低限のリードが必要になります。
なぜ最低限のリードという表現かというと
人それぞれ盗塁を決めやすい
リードの距離が違うからです。
少しでも大きくリードを取って盗塁をしたい選手もいれば
牽制で逆を突かれても良いように
あえてリードを小さくしスタートを重視するという選手もいます。
しかし全くリードをしないとセーフになることはまず
不可能に近いので自分の足でセーフになれる
最低限のリードの距離を認識しておきましょう。

そして3つ目のリードは相手ピッチャーに
プレッシャーを与えるためのリードです。
これは盗塁をする気がないので
100%帰塁を意識してリードを取ることができます。
その為かなり大きめのリードを取っても
牽制でアウトになることはありません。
しかし相手ピッチャーからすれば
かなり気になる為、牽制をしたくなります。
それでも走る気がないので牽制で刺すことはできず
勝手にリズムを悪くしてくれます。
またバッテリーとしては当然盗塁を警戒してくるので
ストレート系が多くなったりしてきます。
その結果バッターは攻めが単調になる分
打ちやすくなりヒットの確率が上がっていきます。

このようにただリードといっても
様々な種類があります。
こうしたことを考えながら
練習に取り組んで行きましょう。

次回は牽制について
お伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です