遠心力とミート力のバランス


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回は走攻守のバランスや
筋力と柔軟性のバランスなどについて
お伝えしていきました。

今回はその続きとして
さらに細かくバランスについて
考えていきたいと思います。

今回考えていくバランスは
フォームの中でのバランスです。
その中でも特にバッティングで
大切な遠心力とミート力のバランスを
考えていきます。

バッティングは大きく分けて
飛距離もしくは打球のスピードをあげることと
コンタクト率を高めることが大切です。
しかしどちらか一方を高めようとすると
片方のパフォーマンスが下がってしまう
ことがあります。

例えば飛距離を上げようとして
大きなスイングをすれば
その分コンタクト率が下がってしまい
バットに当たらなくなってしまったり
コンタクト率を高めようとして
コンパクトなスイングになり過ぎてしまうと
飛距離や打球スピードが上がらずに
凡打の山を築いてしまったりといった具合です。

つまり試合で通用するバッターに
もしくは良いバッターになるためには
どちらか一方のみを練習するのではなく
飛距離を出しつつ、コンタクト率を上げるといった
バランスを考える必要があるのです。

そこで考えて欲しいことが
遠心力とミート力です。

飛距離を出す上で遠心力を活用することは
とても重要になってきます。
体が小さく力のない選手でもこの遠心力を
うまく活用することでホームランを
打つことができるという選手はたくさんいます。

遠心力とは回転運動をしている物体に
対して働く力です。
遠心力を最大限使ったものとして
想像がしやすいのはハンマー投げです。
ハンマー投げは
ワイヤーにつながれた砲丸を
自らが回転することで遠心力を
生み出しその力を利用して
砲丸を遠くへ飛ばす競技です。

しかし野球においてはこの遠心力を高めようと
し過ぎてしまうとスイングは
ドアスイングのようにピッチャーが投げた
ボールに対して遠回りをしてしまい
ピッチャーのボールが速ければ速いほど
バットに当てることが難しくなってしまうでしょう。

また仮にバットに当たったとしても
遠回りをすることでボールに対して急な角度で
バットが当たってしまうため
飛距離は出るがファールになってしまう
ということが起きてしまいます。

そこで次に重要になってくるのが
ミート力です。
バットをボールにうまく当てるには
遠回りし過ぎずにボールの軌道と
バットのスイングの軌道を合わせるかが
大切になってきます。
さらにはボールをバットの芯に合わせるという
こともヒットを打つ上では欠かせない要素です。
この合わせる力を「ミート力」と呼んでいますが
気をつけなければいけないことは
ミート力ばかりを意識して当てるだけのスイングに
なってしまうと遠心力が失われ
打球に力強さがなくなってしまうということです。

もちろん金属バットを使っていれば
ある程度芯でボールを捉えることができれば
ヒットを打つことができるのですが
それでも飛距離は生まれづらく
木製バットになってしまえば
全くヒットが打てなくなってしまうでしょう。
これがいわゆる「金属打ち」と呼ばれているものです。

この「遠心力」と「ミート力」が
お互いに邪魔し合わないようなバランスを
身につけることがバッティング練習を
行う目的でもあります。

ここで、この両者のバランスを高めるための練習方法を
お伝えしたいと思います。
それは片手でのスイングです。

右バッターであれば
左手のみでスイングをすることで
両手でのスイングとは違い
バットをスイングしヘッドを出していくには
遠心力を上手く使う必要が出てきます。
また右手のみでスイングをすれば
ヘッドを出していくための右手の
動作をつかみやすくなったり
遠回りをしないように体の内側から
スイングをしようとする感覚が身につき
主にミート力を鍛えることが
できるようになっていきます。

ぜひあなたも自分が
遠心力とミート力どちらが
不足しているかを考えて
苦手な部分を克服していく練習を
していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です