改めてバントのセオリーとは?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球の作戦の代表といえば
バントです。

バントとはランナーがいる状況において
弱いゴロを転がし自分が犠牲となることで
ランナーを次の塁に進塁させるというものです。

バントにおける最大の目的は
このようにランナーを次の塁に
進めることにあります。

今回はそうしたバントの
技術的なことではなく
状況に応じた基本的な考え方に
ついて考えていきましょう。

まず考えなければいけないことは
状況別のバントをする方向です。

ランナーを進めるといっても
ランナーは1塁にいることもあれば
2塁にいることもあります。

そうした塁状況に応じて
バント方向のセオリーは変わっていきます。

ではまずランナーが1塁にいる時
あなたならどこに向けてバントをしますか?

、、、、

この場合セオリーは
送りバントであるならば
一塁側が正解になります。

その理由は
ランナー1塁において
守備側はランナーを2塁に
進めさせたくない為,
まず1塁ランナーに大きいリードを
とらせないように一塁手はベースに付きます。

反対に三塁手はバントされた時に
2塁に送球をしてフォースアウトを
狙う為に投球に合わせて前進をしてきます。

もちろんピッチャーも投球と同時に
バッター人向かって前進をしてくるでしょう。

こうして考えるとどうでしょうか?
消去法で考えてもバントをすべき
ところは一塁側ということが分かるのではないでしょうか?

このような感じで
次はランナー2塁のケースを考えてみましょう。

あなたならどこにバントをしますか?
このケースでもまず考えるべきなのは
守備側の動きです。

守備側は3塁でのタッチアウトを狙ってきます。
ということは三塁手はなるべくベース付近にいたいので
前進守備はしてきません。

では一塁手はどうでしょうか?
一塁手はランナーがいない為
投球と同時に思い切った前進守備をしてきます。
(一塁は空いてしまいますが
仮にうまくバントが決まったとしても
二塁手が一塁のカバーに入るので問題はありません。)

ということはこの時のバッターの
セオリーは3塁方向へのバントとなります。
しかしながら気をつけなければならないのは
ピッチャーの動きです。

ピッチャーも当然3塁でのタッチアウトを
狙う為、投球後にダッシュをしてきます。
しかもバッターが三塁方向へのバントをしてくることを
想定している為3塁方向に向けて
ダッシュをしてきます。
つまり中途半端に3塁方向にバントを
してしまうとピッチャーに簡単にとられてしまい
そのまま楽に3塁へと送球をされてしまい
バントが失敗してしまうのです。

だからこそ
この場合の最高のバントは
三塁方向へのバントではなく
三塁手にとらせるバントをすることです。

三塁手にとらせるように
塁線ギリギリやや強めのバントを転がすことができれば
三塁手が捕るしかなくなるので
三塁はガラ空きになります。

その結果2塁ランナーは自動的に
セーフになることができます。

ただこれらはあくまでセオリーです。
例えば終盤で1点を争うような展開の場合
守備側もどうしてもバントを成功させたくない
ため大胆な作戦をとってきます。
その一つは1塁手と3塁手が同時に
バントシフトをしてくることです。

この場合投球と同時にショートが
3塁のカバーに入ることで
タッチアウトを狙ってきます。
この場合はいくらセオリーだからといって
3塁側にバントをしてしまうと
三塁手にとられて
送球をされてしまい
相手の思う壺となってしまいます。

こうした時は
一度ボールを見送るなどして
作戦を立て直しましょう。
ヒッティングに切り替えてみたり
バスターの構えを見せるだけでも
相手はバントシフトをやりづらくなります。

またチームの決め事として
相手が大胆なバントシフトをしてくる時は
バントのサインでも
バッターの判断でバスターをしてもいい
というルールを作ってもいいかもしれませんね。

最近では
バントよりもヒッティングの方が
優先されるケースが増えてきましたが
依然としてバントはよく使われる
作戦です。

バント練習をする時も
状況に応じてどこにバントをするのか?
ということを考えながら練習を行うように
していきましょう。

チーム出張解析

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です