連打の確率と長打の必要性


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球は相手よりも
より多くの得点を上げることが
勝利のためには必要です。

その為いくら守備が良くて
相手を0点に抑えることができても
点数を奪うことができなければ
永久に勝つことはできません。

またいくら総合的に実力差があったとしても
1,2点しかリードがなければ
思わぬミスにより失点をしてしまい
勿体無い敗戦をしてしまうということが
起きてしまいます。

特にトーナメント戦では
一発勝負のため何が起こるかわかりません。
そのためこうした取りこぼしをせずに
少しでも勝つ確率を高くするためには
守備よりも攻撃力が重要になってきます。

近年の高校野球を見ても
どんなに良いピッチャーであっても
3〜5点はとられてしまうように
やはり金属バットを使っている限りは
バッターが有利です。

ということはレベルが上がれば上がるほど
打ち勝つスタイルが絶対に必要になってくるのです。

そのために考えて欲しいことが
ただ単純にヒットを打つといっても
長打と単打では大きな差があるということです。

相手のミスではなく得点を取るためには
3アウト以内にランナーを出し
ホームに返さなければなりません。

そう考えると単打の場合は最低でも3アウトの
間に2~3本のヒットが必要になってきます。

例えば
先頭バッターがヒットで出塁し
バントをして2塁に送り
次のバッターもしくはその次のバッターが
ヒットを打つことで
1点が入ります。
この場合は2本のヒットが必要です。

またその他にも
3連打で1点
4連打で2点ということも考えられます。

しかしこの連打というのは
意外と難しいということをまずは理解して
欲しいと思います。

例えば打率.333のバッターが
並んでいたとします。
この場合一人一人のバッターが
ヒットを打つ確率は1/3ですが
連打となると1/9となります。
さらに3連打となると1/27となります。

よほどのレベル差があれば
連打で打ち崩すことはできるかもしれませんが
そうした期待は勝ち上がれば勝ち上がるほど
難しくなってきます。

つまり単打だけで打ち続けて
得点を大量に奪うということは
相手が強ければ強いほど難しい
ものなのです。
また単打だけの場合
先頭バッターがヒットを
打つことができなければ
得点の可能性は大きく下がってしまうのです。

だからこそ
得点を取るためには
長打を打つことがとても重要になってくるのです。

長打を打つことができれば
極端な話そのヒット一本だけで得点を
とることが可能です。

例を挙げて見ましょう。
先頭バッターがツーベースを打ち
出塁をします。
次のバッターがセカンドゴロを打ち
ランナーは3塁に進みます。
次のバッターが外野フライを打てば
タッチアップで一点を取ることができます。

また他にも
バントとスクイズを行うことでも
一点を取ることができるでしょう。

さらには仮に1アウトからでも
ツーベースを打つことができれば
先ほどの先頭バッターがヒットで出塁し
バントをしたケースと同じ状況に
なるので得点の可能性は決して低くは
なりません。

また長打を打てる選手は
ツーベースだけではなく
スリーベースやホームランを打つ
という可能性も秘めています。
スリーベースであれば
得点の可能性はさらに高まり
ホームランであればその場で
間違いなく1点以上が入ります。

つなぐ野球と言われますが
先ほども言ったように
レベルの高いピッチャーであれば
あるほど連打は難しいものです。

そうした時に得点を奪うためには
必ず長打が必要になってきます。

もちろん全て長打を狙えとは
言いません。
状況に応じたバッティングも時には
求められるでしょう。
しかし当てるだけのバッティング練習を
繰り返していては長打を打つことは出来ません。

流れや試合状況を打開するような
働きをするためにも長打を打つための
練習を行っておきましょう。

チーム出張解析

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です