法政大学野球部


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

あなたは東京六大学野球を
ご存知でしょうか?

東京六大学野球とは
早稲田,慶應,法政,明治,立教,東京
以上6つの大学からなる
野球のリーグ戦です。

六大学野球の歴史は古く
プロ野球人気ができる以前は
日本野球の中心として多くの
人気を集めていた
最も歴史の長い大学野球リーグです。

六大学野球は
早稲田大学対慶應大学の
対抗戦に始まり
それが他の4校にも広がり
六大学野球がスタートしました。
一般的に言われる
六大学という言葉も
この六大学野球が起源と
なっています。

リーグとしてのレベルは
学生野球の最高峰といわれており
選手のほとんどが甲子園経験者や
実力者ばかりであり
毎年多くの選手がプロ野球の世界にも
入っていきます。

そんな六大学野球の中の一校である
法政大学野球部に私も在籍していました。
法政大学は現在春と秋を通じて
44回の優勝を経験しており
私が在籍している時は六大学の中で
最多優勝回数を誇っていました。
(現在は早稲田大学が45回で最多優勝回数)

また数多くのプロ野球選手を
輩出しており
古くは
田淵幸一さん
山本浩二さん
江川卓さん
侍ジャパンの現監督である
稲葉監督
その他ここ10年でみても
10名以上のプロ野球選手を
輩出しています。

私が在籍時には
4年間で2回のリーグ優勝と
全日本大学野球選手権優勝
明治神宮大会準優勝を経験することが
できました。

当時のメンバーも
のちにプロ野球選手となった
選手も数多く在籍しており
練習中から常に周りの
レベルの高さに刺激を受け
自分自身もレベルアップをすることが
できました。

そんな歴史ある法政大学ですが
私が4年生だった
2012年の秋季リーグで優勝をして
以来約6年間優勝から遠ざかって
しまっています。

6年間ということは
現在在籍している
選手は一度も優勝を経験したことが
ないということになります。
もちろん法政大学以外の学校も
いずれも名門と呼ばれる大学が
集まっているため
優勝することはそう簡単ではありません。
しかし法政大学の今の戦力であれば
優勝をしてもおかしくありません。

その法政大学ですが
今シーズンは開幕から調子がよく
現在6年ぶりの優勝に向けて
熾烈な優勝争いをしています。
早稲田大学、明治大学から幸先よく
勝ち点を奪いましたが
現在2連覇中である慶應大学に
接戦の末、勝ち点を落としてしまいました。
それでも先週立教大学に
2連勝し勝ち点を奪ったことで
東京大学戦を残して
現在2位につけています。

自力優勝は難しくなりましたが
東京大学から勝ち点を奪い
慶應大学が早稲田大学か立教大学に
負けると法政大学の6年ぶりの優勝も
見えてきます。

現在の法政大学の選手のレベルは
非常に高く今年は間違いなく
優勝をするチャンスです。
まずはしっかりと東京大学戦で
力を出し尽くし
ぜひ悲願の優勝を成し遂げて
欲しいと思います。

またぜひ皆さんも
一度六大学のレベルを体感しに
神宮球場に足を運んでみては
いかがでしょうか?

 

今年のリーグ開幕前の動画です↓

最後に優勝したの2012年秋の動画です↓

↓東京六大学野球ホームページ
http://www.big6.gr.jp/index.php

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です