なぜ成長には負荷が必要なのか?


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

あなたは練習で体に十分な負荷を
かけることができていますか?

もちろん
年齢によって負荷を
かけすぎてしまうことは
オーバーワークなどを引き起こす
原因にもなるため
気をつけなければいけない
ところですが

それでもある程度の負荷がなければ
野球は上達しません。

なぜこのようなことを
いうのかというと
色々なチームの練習を見る中で
この負荷を選手それぞれが
自らかけることができているチームと
全くできていないチームが
あるからです。
そのどちらが強いのか
ということはいうまでもないと思います。

ではなぜ負荷をかけることが
必要なのでしょうか?
それを知るには人間の体の仕組みを
理解することが必要です。
人間の体はとてもうまくできています。
簡単にいうと生きていくために
環境に適応する能力があるのです。

例えば
あまり運動をしていない人が
いきなり長距離を走ったとします。
そうすると体は急激にエネルギーを
必要とするため
身体中に血を巡らせ酸素など
運動をするためのエネルギーを
体に供給します。

あまり運動をしていない人だと
このエネルギーの供給がうまく行えません。
そのため呼吸が荒くなったり
心拍数が多くなったりします。
このような今までに経験したことのない状態は
人間の体にとっては非常事態であり危険な状態です。

しかし、これを何度も繰り返しおこなっていると
体は非常事態を学習します。
体が危険な状態にならないために
一度の心拍で体に送ることができる
血液の量を増加させます。
それにより
多少の負荷では
そこまで心拍数も高くならず
呼吸も切れたりはしません。

このように
人間の体は
負荷をかけることで
その負荷に適応しようとします。
これが体の成長であり
練習をする意味でもあります。

この負荷に慣れてきたら
さらに強度を上げて負荷を
高めることでさらなる成長を
することができます。
しかしこれは逆に言えば
負荷を高めなければ
成長をしないということでもあります。

あなたは今の練習にどれだけの
負荷を感じていますか?
もしかしたら今のチームに入った当初は
練習についていくのがきつかったかもしれません。

しかし練習を繰り返すことで
成長したあなたの体は多少の
練習では負荷を感じにくくなって
しまっているはずです。
それでは現状維持をしているだけで
とてももったいない時間を
過ごしてしまうことでしょう。

そうした無意味な時間を
過ごさないためにも
一度大きな負荷に挑戦してみては
いかがでしょうか?

例えば
ダッシュの本数を増やしてみるのも
いいですが
それよりもまず一本一本のダッシュに
手を抜かないことです。
100%の力で走らなければ
体は100%以上に成長することは
ありません。

その積み重ねが
いつか大きな差となって
あなたに帰ってきます。
ぜひ最後の一歩まで手を抜かずに
負荷を体に与えて上げてください。

PS
先ほども言いましたが
オーバーワークには十分に注意をしましょう。
自分の体と相談をしながら
限界を見極めて練習に取り組んでください。
また負荷をかけた後は十分な休養を取ることも
成長には必要なので頭に入れておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です