U18日本代表〜アジア野球の進化〜


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

先日U18アジア野球大会が終了しました。
日本は残念ながら
韓国と台湾に破れてしまい
3位という結果に終わってしまいましたが
選ばれていた選手たちは
7月の甲子園予選から
8月の甲子園
そして今回のアジア大会と疲労も
ピークにきていると思うので
まずはゆっくりと身体を
休めてもらいたいと思います。

さて今回日本が敗れてしまった
韓国と台湾ですが
非常にレベルが高い野球をしていました。
特に韓国はWBCやオリンピックで
これまで幾度も激しい戦いを
繰り広げてきたアジアのライバルということもあり
負けてしまったことは残念だったかもしれません。

そんな韓国ですが
今回は非常にレベルの高い
ピッチャーが多く集まっていたようです。
日本代表は甲子園で活躍した選手が
主力として戦いましたが
韓国の選手もそれに負けない
好投手揃いだったようです。

しかしそれ以上に
韓国の選手がすごいと感じたのは
バッターのレベルの高さでした。
韓国の野球は以前から
攻撃的な野球として知られていますが
今回のU18の韓国代表の選手たちも
ものすごいスイングをしていました。

日本の高校野球と
韓国の高校野球はどちらも
レベルが高いですが
決定的な違いがあります。
それは日本は金属バットを
使っていますが
韓国は木製バットを使用しているということです。

今大会は国際大会ということで
木製バットを全てのチームが
使用しました。
そういった点では
韓国の方が木製バットに慣れている
ということは言えるかもしれません。

そうしたこともあり
今後日本でも高校野球で
木製バットを使おうという
話がもしかしたら出てくるかもしれません。

もちろん木製にしたから
勝てるようになるというほど
簡単なものでは無いとは
思いますが
アジアのライバルが
どういう環境で野球をやっているのかを
知っておくことは大切だと思います。

さて台湾はどうかというと
こちらも近年とても力をつけてきています。
台湾の選手もどちらかというと
攻撃的なスタイルで
パワーヒッターが多いイメージです。

体型的に見ても
日本よりもしっかりとした
選手が多く木製バットにも
対応しているように感じました。

このようにアジアの野球は
近年著しい進化を遂げています。
こうした進化に日本が
取り残されないようにするためには
どうしたらよいのでしょうか?

色々な考え方があるとは思いますが
高校生までの野球では
そこまで国際大会での勝利に
こだわらなくても良いのでは無いかと
思っています。

もちろん勝った方が良いに
決まっているのですが
それはあくまでも「結果的に」
勝っていれば良いと思います。
それはどういうことかというと
高校生の段階で
国際大会に勝つために何かに
取り組もうとしてしまうと
選手としてのピークを早く迎えてしまい
その先の伸び代や
本来もっと伸びるはずであった能力が
伸びきらないということがあるからです。

今回日本代表として選ばれた
選手たちを見ると一見
完成度の高い選手ばかりです。
ですが大学生や社会人
さらにはプロ野球と比べると
まだまだ力の差があると思います。
それは裏を返せば
その分だけ伸び代がある
ということも言えるでしょう。

そうした伸び代を
年齢と体の成長とともに
徐々に伸ばしていくことで
20代半ばへ入った時に
選手としてのピークを迎えることが
できます。
そうした選手たちが
WBCなどの国際大会に出場していきます。
現に前回のWBC日本代表の
平均年齢は27,7才でした。

つまり
どういうことかというと
高校生の段階は
まだ選手としては成長段階であり
伸び代を残しておくことが必要だと
いうことです。

そのため今回国際大会で負けたからといって
無理やり過度な筋力強化や体力強化を
日本の今後の方針として行なってしまうことは
得策では無いと思います。
仮にそれを行なって勝ったとしても
将来的にその選手たちの伸び代を
使い果たしてしまい
本来伸びるはずだった能力が
伸びきらなくなってしまいます。

今回高校生たちは悔しい思いを
したかもしれません。
ですが先ほども言いましたが
彼らはまだまだ成長途中です。
10年後それぞれの進むステージで
成長を遂げ
WBCやオリンピックでリベンジを
果たして欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です