可能性を閉ざしてはいませんか?


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球をやっているあなたへ
あなたのポジションはどこですか?

ピッチャー
キャッチャー
内野手
外野手

次に
あなたの打順は何番ですか?
1番バッター
2番バッター
3番バッター
、、、、、

このように
野球にはポジションと
打順というものがあります。
そこにはそれぞれ役割があり
その役割をしっかりと
こなしていくことで試合に勝つことが
できるようになります。

当然練習も
その役割を試合でこなせるように
それぞれが意識をして練習をしていくことが
大切になってきます。

しかし、
そのポジションは
本当にあなたが守りたいポジションや
打順でしょうか?

高校生ともなれば
ある程度役割を理解し
そこに徹していくことも
必要でしょう。

ですが
小学生や中学生と
なると話は別です。

なぜならば
可能性は学年が
低くなればなるほど
広がっているからです。

例えば
小学生のころ
身長が低かった選手が
高校生になると周りよりも
身長が高くなっていた
ということが良くあります。

当時は背が低かったため
守備ではセカンドなどをこなし
打つ方では
下位打線やつなぎ役の2番バッターとして
活躍していたため
セカンドや2番バッターとしての
練習をしていたかもしれません。

それが
高校生になって背が伸びてくると
どうでしょうか?
大きい体を活かして
身体能力の高さが問われる
ショートやピッチャーに挑戦するチャンスが
出てくるかもしれません。
打順では長打を狙える
クリーンナップを打てるかもしれません。

しかしそんな時に
小さい頃から
染み付いたつなぎ役のバッティングや
セカンドの動きを簡単に変えることが
できるでしょうか?

そこにはそれなりの勇気と
かなりの努力が必要になってくるでしょう。

つまり
小さい頃から
「このポジションでこの打ち方」
というような型にはめこんだ練習を
してしまうと
将来的な選手としての
可能性を閉ざしてしまうことに
なりかねないということです。

ある有名な話があります。

駒大苫小牧高校で甲子園で活躍し
プロ野球、メジャーリーグと
活躍をしている
田中将大投手(現ヤンキース)
今ではピッチャーとして
大活躍をしていますが
実は小学生の頃は
キャッチャーをしていたのです。

キャッチャーとピッチャーの
投げ方は全く違います。
それはキャッチャーは盗塁を
阻止するために
小さいモーションで素早く
送球をしなければいけないからです。
そのためキャッチャーをする選手は
小さい頃からそうした投げ方の
癖が身につきます。

しかし
当時の指導者の方は
田中選手にそうした
「キャッチャー投げ」の練習をさせませんでした。
それはこれからどんな選手に成長するか
わからない田中選手を型にはめてしまい
可能性を狭めることをさせたくなかったからでしょう。
結果的に
中学校や高校生でピッチャーとして
活躍をし今ではヤンキースでエース級の働きを
見せています。

もし小さい頃に
キャッチャーとしての練習ばかりをさせていたら
どうなっていたでしょうか?
もしかしたら
今の田中選手はいなかったかもしれません。

これと同じことが
全ての選手に言えます。
今のチーム事情でファーストを
守っているという選手も
これから成長していけば
別のポジションを守る機会が
あるかもしれません。

特に打力に自信が
ある選手に多いのですが
バッティングばかり練習をしてしまい
ファーストしか守れない
ということがあります。

しかしレベルが上がってくれば
打力がいい選手というのは
いくらでもチーム内に出てくるでしょう。

そうした時にファーストしか
守れない選手にチャンスが
回ってくるでしょうか?

間違いなく他のポジションを
守れた方がチャンスは多く回ってくるはずです。
だからこそ小さい頃は
全ての選手にショートやセカンド
またはピッチャーやキャッチャーなど
色々なポジションに挑戦をしてもらいたいと思います。

そうすることが
あなたの可能性を
広げることに繋がっていきます。

ぜひ一つのポジションに
こだわり過ぎず
色々なポジションの練習をしていきましょう。

PS
練習方法などお困りの方へ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です