強いチームと弱いチームの決定的な違いとは?


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球は個人としての
技術を磨きチームとして勝ちを目指して行きます。

チームが勝つことでさらに経験が積み重なり
個人としての技術も向上して行きます。

そうした好循環を生み出すためにも
個人の技術を追い求めるだけではなく
強いチームを目指すことが
野球をする上では大切になってきます。

では強いチームとはどんなチームでしょうか?
また弱いチームとはどんなチームでしょうか?
その決定的な差についてお伝えをして行きます。

強いチームと弱いチーム
それぞれに様々な定義や解釈が
あるとは思いますが
私が考える強いチームと弱いチームの
決定的な差はその目標にあると考えています。

チームとしてどこを目指しているのか?
チーム全体がその目標をしっかりと
目指しているのか?
ということがチームの強さに大きく関わってきます。

例えば
分かりやすい目標でいうと
甲子園です。

高校野球といえば
誰もが甲子園に憧れることでしょう。
しかしどれだけの高校球児が
本気で甲子園を目指しているでしょうか?

おそらく
全国の半数以上のチームが
甲子園に憧れてはいるものの
心どこかで
「あの高校には勝てないから
甲子園にはいけないだろうな」
と思ってしまっているでしょう。

野球に力を入れている
学校ばかりではないので
環境が悪かったり、
なかなか練習時間が取れなかったり
もしくは部員が集まらないということも
あるでしょう。

しかし、甲子園にはいけないだろう
と思った時点でそのチームは
本気で甲子園を目指しているチームより
劣ってしまうでしょう。
それは練習に対する取り組みが
変わってきてしまうからです。

例えば
受験で東大を目指すのと
自分の今の学力に合わせた学校を目指すのとでは
受験に向けた勉強の質や取り組みが
変わってしまうように
野球でも甲子園を目指している学校と
1,2回戦を突破することを目標としている
学校ではその練習に対する取り組みや
必死さには大きな差が生まれてしまいます。

それがそのまま
勝敗の差になってしまうことは
間違いありません。

さらに考えを深めてみると
甲子園出場を目指すチームと
甲子園優勝を目指すチームでも
大きな差が生まれてきてしまうでしょう。

このように目標の持ち方によって
チームは強くも弱くもなります。
しかし練習をしている以上誰もが
試合には勝ちたいと思っているはずです。

その勝ちたいという気持ちが
本物であるならば
チームが変わっていくために
一つアドバイスを送ります。

それは
目標を恐れずに口に出すことです。
「甲子園に出たい」「甲子園で優勝したい」
中学生や小学生であれば
「全国大会出場」や「全国制覇」
毎年1,2回戦負けや実績が少ないチームでは
そうした言葉を口に出すことも
勇気がいることでしょう。

しかし、毎日のように
口に出しチーム全体でそれを
口に出すことが当たり前になってくると
不思議なことに
人間はそれを本気にしていきます。

この夏に悔しい思いをした
もっと勝ちたい
このように今思っているのであれば
ぜひ目標を持ちそれを口に出すことを
試してみてはいかがでしょうか?

↓無料体験実施中

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です