球速とコントロール


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

ピッチャーのあなたに質問です。
ピッチャーにとって最も大事なことは
なんでしょうか?

おそらく
球速が大事だといった意見と
まずはコントロールが大事だという意見の
二つに分かれるのではないでしょうか?
あなたにとってはどちらが大事だと
感じるでしょうか?

ただ最初にお伝えしておきたいことは
良いピッチャーとは
球速も速く、コントロールも良い
ということです。

球速が速いだけでストライクが
入らなければ試合にはなりませんし
コントロールがよくても球速が遅ければ
簡単にボールを見極められてしまい
ヒットを打たれてしまうからです。

そのためピッチャーとしては
球速とコントロールのどちらかだけではなく
どちらも追い求めていくことが必要となるのです。

ではどのようにして球速とコントロールをバランスよく
どちらも上げていけばいいのでしょうか?

これには個人差がありますが
まずは自分が苦手だと思う方から
アプローチをしていくと良いでしょう。
球速が速いと思っているのであれば
コントロールを磨き
コントロールが良いと思っているのであれば
球速を磨いていきましょう。

その時に気をつけてもらいたいことは
一時的にパフォーマンスが落ちてしまうことを
気にしないことです。

例えば
コントロールにはある程度自信があり
球速には自信がない選手の場合
球速を磨くための練習をすることを
お勧めしますが
この時に球速を上げようとすると
最初は体が力んでしまったり
今まで使っていなかった体の筋肉を使おうとするため
いつもより球速は出るかもしれませんが
自信があったコントロールは乱れてしまうでしょう。

この時に
「このフォームではコントロールが
悪くなってしまうから元に戻そう」
このように考えてしまってはいけません。
なぜならば
それでは結局何も変わらないからです。
何かを得ようとするにはそれなりに
時間が必要です。

そのため投げ方を変えたからといって
すぐに全てが上手くいくということは
ありえません。
必ずどこかに不都合が生じ
パフォーマンスは一時的に
落ちてしまうでしょう。

しかし、そうした不都合も
練習を重ねることによって
改善されていき時間をかけて
自分のものになっていきます。

その結果気がつけば
球速とコントロールどちらも
手に入れることができているのです。

しかし、多くの選手が
一時的なパフォーマンスの低下に
耐えきれず元のフォームに戻してしまい
結果的に今までと何も変わらずに
ピッチングを続けてしまうのです。
それでは全く成長はなく
時間の無駄遣いになってしまうでしょう。

何かを得ようとするには
一時的に何かを捨てる必要があります。
球速を上げたいと思うのであれば
一度コントロールを忘れ
思いっきり球速を上げることに
集中をしましょう。
そうしてある程度の球速が身についたら
そこからコントロールを磨き直せばいいのです。

これはコントロールを磨きたいと考えている選手にも
同様のことが言えます。
コントロールを磨く時は一時的に
球速を忘れコントロールに専念をしてみましょう。

そうすることで
思わぬような発見があり
逆に球速やキレが上がったり
ということも考えられます。

ぜひあなたも
失敗や目先のパフォーマンス低下を
恐れずに先を見据えた努力を
行なっていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です