盗塁の成功率を上げるために


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

今回は盗塁について
お話をしていきます。

盗塁は試合を優位に進めるためにも
効率よく得点をするためにも
積極的に使っていきたい作戦の一つです。

しかしそれと同時に
盗塁死をしてしまうというリスクも抱えています。
せっかく作ったチャンスも
盗塁失敗によって流れを持っていかれる
ということもあるでしょう。

得点率を高めるためにも
流れを失わないためにも
盗塁の成功率を高めることが大切です。
では盗塁の成功率を高めるためには
どうしたら良いのでしょうか?
まずやって欲しいことは
自分を知ることです。

まずは自分が何秒で塁間を
走ることができるかを知っておきましょう。
その上で何秒で走れば盗塁の成功率が
高くなるのかを考えてみましょう。

クイックモーションが速い選手は
モーションに入ってからキャッチャーミットに
納まるまでに1.1~1.25秒の時間がかかります。
さらにキャッチャーがボールを捕ってから
二塁に送球をし捕球するまでに
トップレベルの選手で1.8~2.0秒かかります。
送球が逸れずに良いところへ投げられたと
仮定してタッチするまでに0.1秒
合計をすると
3~3.35秒の時間がかかります。

このタイムはクイックも
キャッチャーの送球も速かった
場合の想定なので
実際に3秒から3.35秒で
走ることができれば
高い確率で盗塁は成功するでしょう。

あなたは自分のタイムと
比べてみてどうでしょうか?
もしそのタイムに近ければ
盗塁を狙うべきでしょう。

自分のタイムを知ることができたら
次にやらなければいけないことは
スタートを早くすることです。

どんなに足が速くても
良いスタートがきれなければ
盗塁は成功しません。

良いスタートをきるためには
準備が必要です。
まず一つ目の準備は
ピッチャーのモーションをよく見ることです。
ピッチャーのフォームは人それぞれあり
それぞれに牽制のタイミングも
投球モーションへの入り方も違います。

完璧にモーションを盗むことができなくても
ある程度牽制のパターンを知ることができれば
スタートは切りやすくなります。


そのパターンを知るためには
牽制を多くもらう必要があります。
リードを大きく取り戻ることを優先することで
アウトにならずに牽制をもらうことができます。
牽制を多くもらえばもらうほど
モーションはわかりやすくなり
スタートは切りやすくなるでしょう。

二つ目の準備は
スタートをきる姿勢です。
良いスタートを切るためには
スタートをしやすい姿勢が大切です。
どのような姿勢がスタートを
きりやすいのかに実は正解はありません。
それは人それぞれスタートを切りやすい
姿勢が違うからです。

また盗塁のスタートの考え方も
人によって違ういます。
選手によってはリードを大きく取り
戻ることに意識を大きくおきながら
盗塁をするという選手もいれば
リードを小さく取りスタートをきることに
意識を大きく傾けている選手もいます。
それによってはスタートの構えも
変わってくるでしょう。

それでも基本的な構えの考え方はあります。
それは一番地面からの反発をもらいやすい姿勢です。
牽制で戻るにしても、盗塁のスタートをきるにしても
地面を強く踏ん張りその反発をもらうことが必要です。
その反発をもらいやすい姿勢を自分自身で探してみましょう。
普段の練習のダッシュなどだけではなく
自主練習などでもどうすれば速いスタートをきれるのかを
研究してみましょう。

盗塁はバントをせずに
アウトカウントを増やすことなく
ランナーを進めることができます。
盗塁ができるということはそれだけで
試合に出場することができるだけの価値があります。

ぜひ盗塁を自分の武器にできるように
練習をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です