休養は必要?


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球の練習は長時間であることが多く
また夏休みのような長期休暇の際には
その練習が連日続くこともあります。
あなたのチームでは週にどれぐらい
休養があるでしょうか?

高校生以上となると
1週間に一度か二度といったところでしょう。
ではその休日をあなたはどのように
過ごしていますか?

自主練習に当ててるという人もいれば
気分転換に当てているという人もいるでしょう。
どちらが正しいということはありませんが
どちらにしてもチームとして休養をとっている
理由を一度考えてみましょう。


仮に休養がなかったとするとどうでしょう。
練習量が増えるというメリットはあるかもしれませんが
それ以上に怪我のリスクが上がってしまったり
選手のモチベーションも下がってしまったりするでしょう。
またそれだけでなく成長にとってもマイナス面があるのです。

なぜならば成長をするためには
適度な休養が必要だからです。
逆に休養を取らずに
練習をやりすぎると効果が薄まってしまうのです。

筋力トレーニングを例に出して考えてみましょう。
筋力トレーニングは重りを使い筋肉に負荷をかけます。
負荷をかけることにより筋肉がダメージを受けます。
その受けたダメージを食事などの栄養と休養を用いることで
修復していきます。
その修復されていく時に筋肉は大きくなり成長していきます。
つまり筋力トレーニングは休養を取ることまでが
トレーニングなのです。

野球の練習もこれと同じです。
練習で負荷をかけた体を休養の際に
しっかりと休めることで成長をしていきます。
これは体のことだけではありません。
野球は頭を使うスポーツです。
チームとしての決め事や
一瞬の判断力、フォームについての考え方
色々なことを日々考えながら練習をしています。

それを頭に全て入れるには
詰め込みではいけません。
これもしっかりと休養を取ることが必要です。
休養を取ることで頭の中が整理されていきます。
整理されることでプレーの中での一瞬の判断を
することができるようになっていきます。

休養の日に練習をすることは
別に悪いことではありません。
ただ休養があるということの意味も
知っておきましょう。
体がなまってしまわないように
軽く汗を流す程度の練習であれば
問題はなくむしろライバルとの差を広げたり
追いついたりするためには必要なことでしょう。
しかし、ただ考えもなく厳しい練習をして負荷をかけては
いけません。

それはただ体を壊すことに繋がりかねず
長い目で見るとあなたにとってマイナスになってしまうからです。

オンとオフのメリハリをしっかりと行い
一つ一つの練習を無駄にしないためにも
休養もトレーニングと考えるようにしていきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です