大阪桐蔭強さの秘密とは?part2


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

今回は前回に引き続き
大阪桐蔭高校の強さの秘密に
迫っていきます。

前回は
大阪桐蔭になぜ選手が
集まるのか?
ということをお伝えしていきました。

今回は練習について
お伝えをしていきます。

ただトップレベルの選手を
集めるだけでは
高校野球を制することはできません。
トップレベルの選手が
努力をすることで初めて
良い成績を残すことができるのです。

だだし、ただ練習をするだけならば
どの高校でも練習を行なっているので
そこまでの差は生まれないでしょう。

しかし結果として
他の高校とは別格の結果を残している
大阪桐蔭は普通の練習をしている
とは思えません。

では実際にはどのような練習を
行なっているのでしょうか?

メニューを調べてみると
アップ
キャッチボール
守備練習
バッティング練習
トレーニング

このようにみてみると
特別変わったことがないように思います。

そうなんです。
野球の練習とはそもそも
そこまで差別化することはできないのです。
小学生であってもプロ野球選手であっても
基本的な練習は
アップ→キャッチボール→守備
→バッティング
これだけなのです。

では何が違うのかというと
それぞれの意識の持ち方です。
大阪桐蔭の練習を見てみると
それぞれのメニューに対しての
工夫や練習の意図が説明されなくても
はっきりと見えてきます。

アップでは
体の隅々まで神経を研ぎ澄ますように
全身を使い身体能力を高めています。
おそらく同じメニューを他の高校が
行なっても同じような効果は得られないでしょう。
それは一つ一つのメニューに対する
意識が足りていないからです。

キャッチボールでは
捕って投げるだけではなく
どのようにとるのか?
捕ってからの握りかえ
どこにどの強さで投げるのか?
といったことを意識しているようです。

当たり前と思うかも知れませんが
実際に毎日同じ意識でチーム全員が
やりきることができるでしょうか?

ノックも同じです。
ただゴロをさばいて送球するだけではなく
ランナーを想定して
より速くより正確に
もっといい方法はないか?
これだけ突き詰めて練習ができていますか?
ただエラーをしないようにする練習に
なっていませんか?

バッティングでは
どうでしょうか?
ただ、芯に当てるだけの練習や
飛距離だけを追い求める練習に
なってはいませんか?
それで高いレベルでの実戦では
通用しません。

大阪桐蔭では
逆方向へ強い打球を
打つ練習をしているようです。
右バッターであれば
右中間に打球を飛ばす。
左バッターであれば左中間に。

スライス回転ではなく
バックスピンがかかるようにしなければ
遠くに打球は飛ばせません。
その打球を飛ばすことを意識することで
気づけばスイング軌道はよくなり
実戦での結果に繋がっていくのです。

このように
同じ練習メニュー一つをとってみても
その意識や目的全く別物です。
これこそが結果を残し続ける
大阪桐蔭最大の武器でしょう。

高校によってはトップレベルの選手を
揃えることは難しいかも知れません。
しかしこの練習方法の意識はやろうとして
できないことはないはずです。

ぜひ高い意識を持って練習を行い
トップを目指して欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です