ピッチャーとして必要な能力とは?part2


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回はピッチャーに必要な能力として
球速とコントロールをお伝えし
それぞれのレベルアップのための
ポイントをお伝えしました。

今回は3つ目のボールのキレから
お伝えしていきます。

ボールのキレという言葉を
聞いたことがありますか?

キレとはスピードとは別で表される
ストレートなどの質のようなもので
曖昧な言葉ですが、最近ではトラックマンなどに
代表される最新機器のおかげで
ボールの回転数が数値として
わかるようになってきました。

一般的にはボールの回転数が多い方が
よりキレの良いボールと言われています。
キレを上げることで得られるメリットは
いくつかあります。

ボールの回転数が多いことで
ストレートは重力に抵抗して落ちづらくなります。

それによりバッターはボールを
打ちに行こうとする時、予想よりも
ボールが落ちてこない為ボールの下を
スイングさせやすくなります。

それにより空振りを取りやすくなり
バッターを打ち取りやすくなるでしょう。

また、低めに投げたボールも
バッターが低めのボールだと判断し
見逃したボールがそのままボールが
伸びてストライクになりやすくなる為
見逃しも増えていきます。

逆にいくらボールが速くても
ボールにキレが無ければタイミングが
あってしまえば全てバットに
当てられてしまうのです。

ではボールにキレを上げるには
どうしたら良いのでしょうか?
それはにはまず
しなやかな体、しなやかな体の使い方を
習得しましょう。

ボールのキレにとって
最もマイナスになるのが体の力みです。
体が力むことによって
体はしなやかさを失います。

しなやかさを失うことによって
ボールに伝える力は半減してしまいます。
また、フォームに力みが見られると
バッターはその力みにタイミングを
合わせることができる為とてもタイミングが
合わせやすくなってしまいます。

力むことによってボールのキレにも
バッターのタイミングにも悪影響が
出るので注意しましょう。
しなやかな体を作るためには
関節の可動範囲や柔軟性も
もちろん必要ですが
体を連動させることも大切です。

そんな連動を覚えるための練習を
ご紹介します。

一つ目が腕回しジャンプです。
ジャンプと腕回しのタイミングを
合わせて行うことがポイントです。

体を上手く連動させしなやかな
動きができなければ、
ジャンプの高さが低くなったり
上手く腕が回せなかったりするので
意識して練習に取り組みましょう。

ピッチャーにとって時にはスピードよりもキレが重視されます。

あなたもボールのキレに一度目を向けて見てはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です