限界に挑戦する


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

熱い日が続く中、合宿などで
厳しい練習が続いていると思います。

こうした厳しい環境での練習を
乗り越えてこそ大きな成長を
することができるのですが、
やはりこうした熱い日が続くと
練習にも身が入らない日も出てくるでしょう。

ですがそれではいつまでたっても
野球が上手くなることはないでしょう。
あなたはどうでしょうか?
ただ何となく日々の練習を過ごし
無難に毎日の練習を終えてしまっては
いませんか?

 

そんな選手にぜひ一度
やっていただきたいことがあります。
それは全力で全てのメニューを
やり抜く日を作って欲しいということです。
アップから始まり
キャッチボール
ノック
バッティング
トレーニング

全てのメニューを全力で
行ってみましょう。
アップであれば
どこを意識してストレッチを行うのか?
どこを伸ばしながら体を動かすのか?
ダッシュも体をならすためではなく
足が速くなるためにという視点で
全力でダッシュを行いましょう。

キャッチボールであれば
捕球をする側は必ず両手で捕球をし
握り替えの速さをとことん練習する
もちろん足を動かしてなるべく正面に入ること
送球をする側は常に相手の胸を狙い
少しずれれば次の一球は修正をすること
またステップを使った低くて速い送球も
練習しておきましょう。

 

ノックでの意識は
打球までの速さを追求すること
そして捕球してからの速さ
さらにはステップワークや
送球の正確さに至るまで
集中力を持って公式戦のつもりで臨みましょう。

次にバッティングです。
バッティングでは
ミートを磨くことも大切ですが
振る力をつけるためにも
フルスイングを心がけましょう。
どうしても体力的にきつくなってくると

バッティング練習での
一球一球のスイングに
手を抜いてしまいがちです。
しかしそれではいつまでたっても
バッティングが良くなることはないでしょう。
スイング力を上げていくためにも
一球一球、1スイングごとに
フルスイングを心がけましょう。

そして最後にトレーニングです。
トレーニングはきついものです。
長距離走や体幹トレーニング
それぞれ体に負荷をかけていきます。
その負荷に耐えてこそ体が成長し
レベルアップをしていきます。
体が成長すれば
今までのトレーニングが
楽に感じるようになってきます。

そうなってきたら
今度はトレーニングの負荷を上げていきましょう。
そうすることでさらに体は成長していきます。
あなたは大丈夫ですか?
いつまでたってもトレーニングが
きついと感じているのであればもしかしたら
トレーニングがトレーニングに
なっていない可能性があります。
意識を高く持ちトレーニングを行いましょう。

もちろんこうした体への
意識だけではなくチームとしても
雰囲気づくりや声かけは大切です。
こうしたこともぜひ1日でもいいので
実践してみましょう。

そうしてそれに慣れてくれば
少しづつでいいので
全力で練習をやり抜く日を
増やしていきましょう。
練習は手を抜こうと思えば
いくらでも抜くことができてしまいます。
しかしそれでは全く意味がありません。
無駄な時間にしてしまわないためにも
少しづつ意識を変えていきましょう。

PS

全力でやりきることは大切ですが
熱中症のリスクもあるので
少しでも体調不良を感じれば
無理をせずに休養を取るようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です