動作解析とは?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

今回は改めて動作解析について
お伝えしていきたいと思います。
動作解析とはバッティングフォームや
ピッチングフォームなどを撮影し

その撮影したフォームを動作解析ソフトを
使ってチェックをしていきます。
動作解析でできることは色々あります。

1・スロー再生
フォームをスローで再生することで
普段細かく見ることができない
フォームの細部を見ることができます。

2・コマ送り再生
コマ送り再生ではスロー再生よりも
さらに細かく動画を止めながら
フォームを見ることができます。
ピッチャーであればリリースの瞬間
バッターであればインパクトの瞬間
など気になる所をチェックできます。

3・2画面再生
2つの動画を同時に再生することができます。
例えばピッチャーであれば
正面からと横からのフォームを
一つの画面で同時に再生することができたり
バッターであれば
一ヶ月前の調子の良かったフォームと
調子が悪くなってきた今のフォームを
比べることができます。

それによりどこが変わってしまって
調子が悪くなったのかを一目で
見ることができるため
復調のきっかけを掴みやすくなっていきます。

4・デジタイズ
デジタイズは普段聞きかない言葉だと思います。
どういったものかというと
バッティングにおける
スイング軌道を点と線で追うことができ
視覚的にスイング軌道を
見ることができるのです。

普通にスイングを見ても
なんとなくスイング軌道を見ることは
できますが
このデジタイズを活用することで
はっきりと軌道を見ることができます。

プロ野球選手の軌道とどう違うのか?
遠回りをしていないか?
そういった視点で見ていくことができると
上達のスピードは上がっていくでしょう。
他にも様々な機能がありますが

ここからは
なぜこうした動作解析が必要なのか
という根本的な話をしていきます。
まず一つ目の理由は
自分のプレーを自分でみる
機会が少ないからです。

当然ですが普段自分がプレーしている
姿を自分では見ることはできません。
最近ではスマートフォンなどを使うことによって
自分のフォームを見る機会も
増えてきましたがそれでも
フォームを撮影して見るという習慣が
普段からなければ
自分のフォームを見る機会は
なかなかありません。

しかし動作解析を行うことによって
自分のフォームを見る習慣ができるようになります。
それにより自分の感覚と
実際のフォームの差を知ることができます。

それにより
理想のフォームに近づけるため

「もっとこうした方がいい」
「もっとこうしてみよう」

という発想が生まれてきます。
そうした発想を練習で試すことによって
技術は上達していきます。
逆に自分のフォームを知ることができていなければ
何をどう改善していくのか?
ということが漠然としすぎてしまい
練習自体も何を練習するのかが
わからなくなってしまいます。

二つ目は
良い選手と比較することができる
ということです。
効率の良いフォームを身に付けることは
パフォーマンスアップには重要です。

では効率の良いフォームとは?
と考えた時真っ先に参考にして
いただきたいのは
プロ野球選手のフォームです。
日本のトップにいる選手である
プロ野球選手のフォーム
特に好成績を残している
トッププレイヤーのフォームは
とても効率が良く
参考にすべきフォームです。

動作解析をすることにより
2画面で自分のフォームと
プロ野球選手のフォームを
比較することができます。
それによりどこを
改善していけばいいのかを
知ることができるようになり
努力すべき方向が見えてくるでしょう。

三つ目は先ほども少しお伝えしましたが
好調時と不調時のフォームを比較することが
できるということです。
フォームとは意識的にも無意識的にも
変わってしまうものです。
それにより
好調になったり不調になったり
していくものですが
そこから抜け出すには
とても長い時間がかかってしまう
場合があります。

しかし動作解析をしている習慣があれば
良かった時と悪かった時の
フォームを常に保存しておくことができます。
それにより
もし不調に陥った場合でも
好調時のフォームを観ることで
不調時との違いを知ることができ
短い期間で不調から脱出する
きっかけをつかむことができます。

大事な大会の前に常に好調でいられる
とは限りません。
大事な大会をいい状態で迎えるためにも
フォームチェックは欠かさないように
しておきましょう。

 

このように
技術の向上にも、
コンディションを整えるためにも
動作解析を活用することができます。
ぜひあなたもこの機会に試してみては
いかがでしょうか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です