思考は現実化するpart1


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。
 

学生の多くは夏休みに入り
連日暑い中での練習が
続いているのではないでしょうか?

 

あなたは体調を崩さずに
充実した練習ができているでしょうか?

 

こうした暑い日が続いてしまうと
どうしても練習がだらけてしまう
こともあると思います。

 

しかし、この充分に時間が取れる
夏にどれだけ集中して練習ができるかが
後々大きな差になって現れてくるので
是非とも厳しい練習を
乗り切って欲しいと思います。

 

さて
今は夏ということそれだけで
練習がきついと感じるかもしれませんが
そもそも練習とは上手くなるためには
ある程度の負荷が必要で
その負荷のかけ方次第では
季節関係なくきついものです。

 

ではなぜそうしたきつい練習を
しているのかというと
それはそれぞれに達成したい
目標があるからではないでしょうか?

・全国大会に出るため
・甲子園に出場するため
・ホームランを打つため
・150kmを投げるため
・プロ野球選手になるため

この他にも色々な目標がそれぞれにあり
このような目標を
現実のものとするために
暑い中でも練習をしているはずです。

 

ではこの目標を現実にするためには
何が一番必要なのでしょうか?

・厳しい練習?
・特殊な練習方法?
・努力を継続する力?
・筋力トレーニング?

確かにこのようなことも
目標を達成するためには
必要となるでしょう。

 

しかし、
その前に大前提として
備わっていなければいけないものがあります。

 

それは自分自身の
思いや考え方といった
思考力の部分です。

 

思考力と聞いて
「またメンタルの話か」と
軽く考えてしまってはいませんか?

 

そうした人にこそ
最後までぜひ聞いて欲しいと思います。

 

なぜ思考が大事かというと
考え方が変わらなければ
いつまでたっても
目標を現実化することが
できないからです。

 

体幹トレーニングを例にあげてみましょう。

体幹トレーニングは
スポーツをする上では大切なことで
野球をする上でももちろん
とても大切なことだと多くの人がしっているでしょう。

 

トップアスリートの
中には1日に1,000回以上の
体幹メニューを日々こなす選手がいると
言われています。

 

おそらく体幹は多くの人が大切なこと
知っているでしょう。

 

トップアスリートと
同じように一日1,000回を毎日
行うことができれば
今よりも格段に野球が上手くなることは
間違いがないでしょう。

 

ですが多くの人が毎日体幹を1,000回を
行うことができません。

 

それはなぜでしょうか?

 

その理由は簡単です。
できる人とできない人では
考え方が違うからです。

 

毎日体幹を続けることができる
トップアスリートは
それをすることを当たり前だと
思っています。
また、何をするよりも
練習をすることの優先順位が
高くなっているのです。

 

そうした考えがあるからこそ
毎日1,000回の体幹を
続けることができるのです。

一方、続けることができないという
多くの人の考え方はこんな感じです。

 

毎日1,000回体幹を行うのは辛いな
続かないだろうな
みんなやっていないから
自分もやらないでいいや

 

こうした考え方が根底にあれば
まず間違いなく毎日続けることは
できないでしょう。

 

つまり
どんな練習をするにしても
どんな努力をするにしても
それを当たり前のように続けようという
思考に頭が働いていなければ

 

練習をしようと思わないので
努力の継続もすることができず
結果的に目標を現実化することができない
ということなのです。

 

少しわかりづらくなってしまった
かもしれませんが
要するに考え方が変わらなければ
行動を変えることができず
行動が変わらなければ結果も変わらない
ということです。

 

次回はもう少し
具体例をだしながら
「思考は現実化する」
ということについて話していきたいと
思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です