正しい走り方が体の使い方を変える


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。
 

あなたはいつもどのような意識で
ランニングをしていますか?

 

ランニングというと
体力をつけるためであったり
体を暖めるためのアップのため
などというイメージがあるかもしれません。

 

確かに
心拍数をあげる効果があったり
体全身を使うことで
怪我を防止するためにも
ランニングは行われます。

 

またランニングといっても
ゆっくりと走って行うメニューや
長距離を走るメニューや
短距離を速く走るダッシュ系のメニューなど
様々なメニューがあります。

 

それぞれに意味があり
それぞれに効果が違うのですが
今回特に意識してほしいのは
中距離でのダッシュメニューです。

 

ここでいう中距離とは
ポール間走のような
塁間以上の距離のことです。

 

なぜこのような
中距離でのダッシュを
大切にしてほしいのかというと
最も身体を効率よく使う
練習になるからです。

 

塁間などの短距離ダッシュは
ほとんどの人がフォームなどを気にせず
全力疾走を行います。

 

また長距離走となると体力的な問題から
全力疾走をせずに自分のペースで走っていきます。

 

しかし中距離走となると
全力疾走をするには距離が長く
ゆっくり走ってしまうとただのランニングと
変わらなくなってしまいます。

 

そのため中距離を走る時には
なるべく速いスピードで走ることと
体力を保つことを両立させて走る必要が
あるのです。

 

これは
「なるべく疲れないように速く走る」
ということです。
これを言い換えると
いかに効率の良いフォームで走るか
ということになります。

 

効率の良いフォームであれば
少しの力でも速く走ることができ
さらに疲れづらいため
中距離走の本数が多くても
後半にスピードを落とすことなく
問題なく走りきることができるでしょう。

 

こうした効率の良い走り方というのは
野球の動作にも必ずいきてきます。

身体をどのように上手く使い
速い球を投げるのか?
どう身体を動かせば
バッティングの飛距離を伸ばすことができるのか?

 

これらは全て全身を使った
効率の良い身体の動かし方が
重要です。

 

手先だけでボールを投げてしまう
小手先だけでバットを振ってしまうと
よく言われる選手は
こうした全身を使った効率の良い
身体の動かし方をできていない
ということです。

 

そうした選手にこそ
この中距離走を行なってほしいと思います。

 

それは走ることが
最も意識して身体を動かしやすいからです。

 

いきなり身体全身を使ってボールを投げろ
と言われても
全身で効率よくスイングしろ
と言われても簡単にはできません。

 

それはバットやボールなど
道具を扱う必要があるからです。

 

しかし、走るということに関して
使うものは自分の身体だけです。

 

この一番全身の動きを意識しやすい
走るという動作を行うことで効率の良い
身体の使い方のコツを掴むことが
効率の良いバッティングやピッチングに
繋がっていくのです。

 

あなたは大丈夫ですか?
こうしたダッシュメニューを
ただ何も意識せずに行なってはいませんか?

 

それではただ身体が疲れて
疲労が蓄積してしまうだけです。

 

こうした意識を持つことができれば
むしろ少ない力で楽に走ることができるため
メニューの本数を増やすこともできるでしょう。

 

次回は実際にどのような意識で
走るのかということをお伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です