2番バッターの役割とは?



こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

「2番バッター」と聞いて
あなたはどのような印象を持ちますか?

 

日本の野球でいうと
・バントがうまい
・小技ができる
・流し打ち
・足が速い

 

このようなイメージが強いのではないでしょうか?

 

それは1番バッターがまず出塁し
2番バッターがバントやエンドラン
もしくは右打ちなどでランナーを進塁させ
3,4,5番でランナーを返す
という理想の得点パターンを
思い浮かべるからでしょう。

 

しかしながら
最近の野球では
2番バッターに強打者を
置くケースが増えてきました。

 

その理由は
データ野球の発達により
バントをするよりも
ヒッティングを選んだ方が
得点率が上がる場合がある
というデータが出てきているからです。

 

つまり
バントでアウトを簡単に一つ上げるよりも
その他の作戦を選んだ方がいいということになるので
昔ながらの考えのバントが上手い2番バッターを
使う理由がなくなってきたということなのです。

 

確かに
バントが上手い2番バッターというと
打率よりも小技が優先され
長打力もあまりない選手を使うケースが
多いです。

 

しかし2番バッターは
チームで2番めに打順が多く回ってくる
バッターです。
その選手が打率が低くく
長打力もなくていいのでしょうか?

 

例えば
先頭の1番バッターが出塁できなければ
2番バッターは出塁をする必要があります。
そうした時打率が低ければ
簡単にアウトを取られてしまい
せっかくのクリーンナップを
2アウトランナーなしで迎えなければ
いけなくなってしまいます。

また意外に得点する可能性が
高いパターンとして
下位打線でチャンスを作り
上位打線でランナーを返すというパターンがあります。

 

こうした時
下位打線で作った
チャンスで1番バッターが
ランナーを返せればいいのですが
1番で返せずに
2アウトランナー満塁で
2番バッターに回ってきたとしたら
どうでしょうか?

 

こうした時は
やはり打率が高い選手がいた方が
相手からしても勝負がしづらく
味方からしても期待をすることができるのでは
ないでしょうか?

 

もちろん
打率や長打率だけが全てではありません。
一発勝負のトーナメントなどでは
試合展開や相手によっては
バントやエンドラン、進塁打を
打たなければ行けない場合も出てくるでしょう。

 

だからこそ理想の2番バッターとしての
役割はとても幅広く重要です。

 

1番バッターが出れば
最低限ランナーを進塁させ
あわよくば自分もヒットを打ち出塁をする

 

ランナーがいなければ
長打を打って自らチャンスを作る

 

チャンスで回ってくれば
勝負強いバッティングで
ランナーを返す

 

このように2番バッターは
全てをこなすことができる
オールラウンダーである必要があるのです。

 

もし今あなたが2番バッターを打っているのであれば
昔からのイメージ通りの
バントや小技を練習するのもいいですが
チームが勝つためには
やはりバッターとして打力を上げることが重要です。

 

オールラウンダーとして活躍するためにも
基本的なバッティングを磨いていきましょう。

ps.メジャーリーグでは2番打者最強論が
浸透してきましたね。日本でも徐々に強打者を
2番に置くことが増えていくことでしょう。

サポート選手ビフォーアフター↓

 

“2番バッターの役割とは?” への2件の返信

    1. 芳川様
      左バッターの方が良い
      ということはありません。
      右バッターであっても
      左バッターであっても
      2番バッターとしての役割を果たすことは
      できると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です