セイバーメトリクスとは?〜OPSとは?〜


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

あなたはセイバーメトリクス
という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

セイバーメトリクスとは一言で
表すとするならば
野球選手の能力を表す客観的数字です。

 

最近ではMLBでもほぼ全ての球団が
このセイバーメトリクスを取り入れており
近年のデータ野球にとっては
なくてはならないデータとなっています。

 

今回はそんなセイバーメトリクスについて
簡単にお伝えをしていきたいと思います。

 

セイバーメトリクスの指標として
もっとも認知度が高いものの一つに
OPS(オーピーエス)というものがあります。

 

このOPSとは
簡単にいうと
出塁率と長打率を足した数値になります。

 

このOPSが高い選手は
チームの得点に繋がる活躍が期待することができます。

 

例えば
あなたが監督なら
どちらの選手を起用しますか?

 

A打率.300の選手
B打率.250の選手

おそらくここまでの情報であれば
Aの選手を起用するでしょう。

 

しかし,
この選手は一見打率が高く良い選手だと思いますが
フォアボールが少なく、また長打もほとんどありません。

 

一方Bの選手は
打率は低いですが
フォアボールが多くまた長打を打つことができます。

最終的にOPSを計算してみると
Aの選手は.600
Bの選手は.900
という結果が出ました。

 

この結果打率の高いAの選手よりも
OPSが高いBの選手を
起用したほうがデータ上
チームとしての得点能力が
上がるということが言えるのです。

 

打率が低い選手を使うことに
納得ができないという人もいるかもしれませんが
想像してみてください。

 

ランナーがいない状況であれば
フォアボールと単打はどちらも
ランナーが一塁にいくことになるので
全く同じことではないでしょうか?

 

つまり出塁率が高いということは
それだけチームのチャンスを増やすことが
できるため重要な数字なのです。

 

また単打やフォアボールでは
盗塁もしくはバントなどをしなければ
2塁に進むことはできませんが
長打率が高い選手であれば
一気に2塁や3塁に進むことができ
得点チャンスを広げることができます。

 

またホームランを打つことができるのであれば
それだけで得点を奪うことができるので
打率が多少低くても貴重な戦力と言えるでしょう。

 

このように一見打率が低くて目立たない
選手であっても切り取るデータによっては
とても貴重な戦力であるという可能性を
秘めています。

 

選手としても
こうしたデータを元に
自分の特徴を活かしていくことも
重要ですが
選手を起用する立場の人間としても
こうしたデータがあるということを
知っておくとチームにとっては
とてもプラスになる発見があるかもしれません。

 

ぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です