まずイメージがあり次に体が動く


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

テレビを見ていてスポーツ選手の
インタビューなどを見ていると
「体が勝手に反応した」
というような言葉を耳にしたことは
ありませんか?

 

野球で例えるなら
守備の際に難しい打球に対して
体がうまく反応して好守をみせたり

 

バッティングでも
難しいボールに対して
うまくヒットを打つことができたり

 

もしかしたら
あなたにもそんな経験が
あるかもしれません。

 

ではこの体が勝手に反応した
というのはどういうことなのでしょうか?

 

まずはっきり言えることは
実際に体だけが反応をして
プレーが行われるということは
ないということです。

 

必ずプレーを行う前には
頭の中でこれから行うプレーの
イメージを思い描きます。

 

その先行したイメージを
体が追って行くことで
プレーをしています。

 

例えば守備であれば
ピッチャーが投げたボールが
バットにインパクトされた瞬間に
飛んできた打球に対して
どう打球処理をするかの
イメージを頭の中で思い描きます。

・どのようにボールを追って行くか?
・両手で捕球をするのか?
・シングルキャッチをするのか?
・どこにボールを投げるのか?
・送球を急がなければいけないバッターなのか?

 

このようなことを
瞬時に判断し最も適した
プレーのイメージを
再現しようとします。

おそらくほとんどの選手が
ここまでの工程を無意識のうちに
行なっていることでしょう。

 

もちろん
自分がイメージした通りのプレーを
再現できないということもあるでしょう。
その原因は反復練習の不足であったり
そのプレーを再現できるだけの
身体操作能力が備わっていなかったり
することにあります。

 

ただここであなたに押さえておいて
いただきたいことは
そうしたイメージの再現度ではなく
イメージそのものです。

 

先ほども
お伝えした通り
プレーの前には必ず
イメージがあります。

 

逆に言えば
イメージがなければ
プレーを行うことができないのです。

 

例えば
野球を全く知らない人が
守備についたとしたらどうでしょうか?

 

飛んできた打球に対して
捕球をするイメージが浮かぶでしょうか?
おそらく捕球のイメージが全く浮かばないため
体が動かずエラーをしてしまうでしょう?

 

では野球をやったことはないが
プロ野球をよく見る人ならどうでしょうか?

 

この場合はたとえ野球初心者であっても
その人には打球を捕球して送球を行うという
確かなイメージが存在します。

 

そのプロ野球で見た通りのイメージを
体が再現することができれば
アウトを取ることができるでしょう。

 

しかし実際には
練習をしたことがないため
身体操作がうまくいかず
体が言うことを聞かないので
エラーをしてしまうかもしれません。

 

この時練習をせずに
イメージだけでプレーを完璧に
行うことができる選手が時々います。

 

このような選手は
非常に優れたイメージ力と
身体操作能力が備わっていると言えます。

 

こうした選手は
やったことがないプレーでも
「見たことがある」というだけで
すぐにプレーに移すことができるでしょう。

 

ですがそのようなことができる選手は
ごく一部の選手です。

 

実際には
まずイメージを頭に入れ
そのプレーを何回も反復して練習を行い

 

実際のプレーと
イメージの中のプレーとの差をできる限り
無くしていくという工程が必要になります。

 

そうして
何回も繰り返し練習を行なっていくことで
イメージの中のプレーの再現度が高まっていきます。
その結果
打球が飛んで来れば
打球をさばくイメージが反射的に頭に浮かび
そのイメージを忠実に再現をすることで
アウトを取ることができるようになるのです。
これが「体が勝手に反応をした」という状態です。

 

つまり何が言いたいのかというと
どんな状況であっても
イメージがなければ
やったことがない/みたことがない
というようなプレーはとっさには
行えないということです。

 

しかしながら
野球とは常に予想外のことが
起こるスポーツです。

 

ピッチャーが
どこにどんな球を投げてくるか分からない
打球がどこに飛ぶか分からない
どんな速さでどんな軌道でくるかも分からない
ランナーがどんな動きをするか分からない

 

それら全てのプレーを的確にこなすためには
それぞれのプレーをこなすだけの
イメージが必要になります。

 

それは先ほどもお伝えした通り
イメージがなければ
プレーを行うことができないからです。

 

良い選手になるためには
より多くのバリエーションのプレーを行う必要があります。
だからこそより多くのバリエーションのイメージが必要です。

 

その一つ一つのイメージを
実際のプレーで再現できるようになって
初めて「引き出し」が一つ増えていきます。

 

これから高いレベルを目指している
という選手は
このイメージのバリエーションを
増やすことを行なっていきましょう。

 

それは上手い選手のプレーを
見て増やすのもいいでしょう。

 

自分自身で
色々考えながら
増やして行くこともいいでしょう。

 

そうしてその増やした
イメージのバリエーションを
完璧に自分の引き出しの一つと
できるようにとことん練習をしましょう。

 

あなたは大丈夫ですか?
毎日ただ同じようにバッティングをしているだけ
ただノックを受けているだけ
ただピッチングをしているだけ
このようになってはいませんか?

 

そのままでは
いつまでたっても
イメージは増えず
引き出しも増えないため
試合でのとっさのプレーに
体が反応することはないでしょう。

 

バッティングでは
どのように変化球を打つのか?
アウトコースをどのように打つのか?

 

ピッチングでは
どのようにコースを投げ分けるのか?
どのように変化球を投げるのか?

 

そのようなことを考えながら
イメージを膨らませていき
引き出しを増やしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です